薬剤師に人気のある転職先と、それぞれの現場で働く薬剤師の本音をご紹介します。

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

薬剤師に人気がある転職先は?本音から知る職場ごとのメリットデメリット

薬剤師の持ち物一式

 幅広い「薬」の知識を持つ薬剤師は薬局や病院などで働いているイメージが強いですが、活躍の場はそれだけではありません。薬剤師の資格やこれまでのスキルを活かせる職場は意外と多いことをご存知でしょうか? 今回は薬剤師に人気のある転職先のメリットとデメリットを、現場で働く薬剤師の本音と合わせてご紹介します。

薬剤師の活躍の場は調剤薬局だけじゃない

薬剤師が活躍できるシーンは、調剤薬局以外に下記が挙げられます。

  • ・ドラッグストア
  • ・病院
  • ・製薬会社
  • ・公務員

 転職先によって業務内容や待遇なども変わってくるため、それぞれの特徴をしっかり把握したうえで今後の参考にしてみてください。

製薬会社

 もっとも転職のハードルが高いといわれているのが「製薬会社」です。同じ薬剤師とはいえ、研究職や開発職などに分かれて専門的にかかわっていくことになります。新薬の研究・開発に携われるなど、大きなやりがいを感じられる点も人気の理由でしょう。

メリット・デメリット

職場環境や待遇面は比較的よいところが多く人気の高い勤務先ですが、中途採用での求人が極端に少ないのが特徴です。成果主義で高いスキルと知識が求められるため、狭き門といえそうです。

病院

 薬の処方は病院内でも行われています。主な業務は医師の処方通りに薬剤を調剤することですが、日々目まぐるしく進化する医学や薬学に対する専門的な知識が求められます。また、病院は「急性期」と「慢性期」に大きく分けられており、それによって業務に大きな違いがあるのも特徴です。

メリット・デメリット

業務内容が多岐にわたるため、薬剤師としての経験値を着実に上げられるのがメリットである一方、チーム医療の現場ではチームで仕事する場面も多く、人間関係がストレスになることも。また、当直や残業が発生する病院もあります。

公務員薬剤師

 公務員薬剤師とは、市役所や保健所、また公立病院で働く薬剤師のことをいいます。一般的に公務員は人気の職業ですが、薬剤師になるには資格が必要なため、一般的な公務員試験の倍率に比べると低い傾向です。

メリット・デメリット

公務員というだけあり、安定した収入と充実した福利厚生が人気の理由です。長期的にキャリアアップを図りたい人にとって、将来性の高さは魅力的に感じるでしょう。ただし、他の行政職と同様に、キャリアが浅いうちは年収は低めです。

ドラッグストア

 ドラッグストアで働く薬剤師の主な業務は、一般用医薬品(OTC薬)の中から、患者様 に合ったものを見極め販売することと、受診勧奨、レジ業務、品出しなどです。調剤薬局が併設されているところでは、薬局薬剤師と同じように患者の処方箋に基づいて調剤し、服薬指導を行います。

メリット・デメリット

比較的求人が多く、年収も高いことから人気が高い転職先ですが、基本的には小売業なので苦手な人には不向きでしょう。また、年中無休や24時間営業のドラッグストアもあるので、長く続けるには強い意志と体力が必要といえます。

転職先候補には食品、化粧品メーカーも

 上述したもの以外に、食品や化粧品メーカーで働く薬剤師もいます。食品メーカーでは食の安全性を守るために食品の成分分析を行ったり、化粧品メーカーでは化粧品に用いる成分の研究をはじめ、化粧品の品質管理や薬事法に関わる業務などに携わったりすることも。このように、医療と関係のない現場でも薬剤師の知識とスキルが活かせる職場は多く存在するのです。

薬剤師の本音を参考に新天地を探そう

 現在、さまざまな理由から転職を考えている方もいるでしょう。転職する際は、しっかりと転職先の情報収集を行い、適切なタイミングで行いたいものです。

 今回ご紹介したように、薬剤師の資格を持っていれば活躍できる場は意外と多くあります。ご自身にとってどんな環境で働くのがベストなのか、しっかりと見極めて自分に合った働き方を見つけましょう。

 薬剤師を中心とした薬局・病院への派遣、紹介事業などを幅広く展開するファーマリンクは、カウンセラー全員が薬剤師。そのため、現場感を熟知したプロのアドバイスを受けることができます。薬剤師として転職をお考えの方は、ぜひファーマリンクにご相談ください。

2019年3月18日掲載

監修:星野匡宣(薬剤師)

合わせて読まれている記事

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます