紹介予定派遣の仕組みと特長

雇用契約はファーマリンクと結び、ご希望にあった派遣契約先で働いた後、派遣契約先との相性が良ければ正社員として働くことができます。

紹介予定派遣の仕組み
紹介予定派遣の仕組みを表した図

主な特長

紹介予定派遣の特長 1
正社員を目指している方にはうってつけの制度です

将来を考えると、どうしても正社員になりたい! というこだわりのある方には「紹介予定派遣」がおすすめです。 紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として就業した後に派遣先と派遣されているご本人のご希望が合えば、 正社員として雇用されることを前提にした派遣形態です。

紹介予定派遣の特長 2
失敗の少ない転職方法

紹介予定派遣の良いところは、正社員となる前に派遣社員として現場を経験できるので、 正社員となったときに「想像と違った」ということが起こりにくいことです。 また、実際に働いてみて、その会社に合わないと思えば、社員になることを断ることもできます。 派遣社員として一拍おくことで、よりスムーズに正社員になれる制度が「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣の特長 3
ブランクなどの不安を払拭してから正社員に

免許がある薬剤師さんだからといっても、しばらくの間全く違う業種のお仕事をしていたり、 療養や子育てなどでブランクができてしまった場合、現場を経験せずにいきなり正社員となるのは不安も大きいかと思います。 紹介予定派遣であれば、派遣社員として就労している間に以前の感覚を取り戻したり、 新しい事柄にも慣れることができます。 薬剤師さんの雇用では、数年のブランクはマイナス要素ではないと言われていますが、 変化に順応し、感覚を取り戻すことはご自分の自信へとつながります。 また、現役の薬剤師さんにとっても、実際に職場を経験してからの社員登用は安心感が違うでしょう。