薬局のオープニングスタッフへの転職が人気の理由

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

薬局のオープニングスタッフに転職すると得?!

トピックス

  • オープニングスタッフの業務には、同期入社のメンバーと店舗をつくる楽しさがある
  • 先輩がいないので人間関係が構築しやすく、設備も新しいので快適に働ける
  • 効率的な店舗運営を考えることでマネジメントのスキルが鍛えられる

 調剤薬局やドラッグストアの新店開業に合わせて募集される「オープニングスタッフ」は、転職を考える薬剤師に人気の求人です。オープン直後の営業は何かと神経を使うにもかかわらず、「既存の店舗より働きやすい」といわれる理由はどこにあるのでしょうか。薬剤師が薬局の「オープニングスタッフ」に転職するメリットを紹介します。

「オープニングスタッフ」なら複雑な人間関係とは無縁

 オープニングスタッフで働くことの大きなメリットは、スタッフ全員が同期入社となるので在籍期間による上下関係にとらわれずに業務を進められる点です。開店直後は業務フローが定まっておらず、機器の不具合や備品の準備不足などでトラブルが起きがちですが、スタッフ同士の連携で困難を乗り越えたときには、既存の店舗にはない連帯感や達成感を味わえます。スタッフ間のチームワークを感じながら働けるのは、オープニングスタッフならではの特権です。

 また、既存の店舗では「今までこうだったから」という理由で業務改善が難しいケースもありますが、新店なら業務効率や内装・陳列の見栄えなどを重視して、よりよい店舗づくりを進められます。「今の店舗では自分の意見が通りにくい」「自分の手で働きやすい店舗を作りたい」という方には、オープニングスタッフへの転職がピッタリでしょう。

最新設備で快適に仕事ができる

 店舗の内装や調剤用設備が古くなると、業務に時間がかかったり、清掃やメンテナンスがおざなりになったりしてストレスを感じる機会が増えます。新店なら最新設備が導入されているので、既存の店舗と同じ業務をするとしても非常に快適です。誰よりも早く機械の使い方をマスターして、ほかのスタッフから頼りにされる存在を目指しましょう。

 また、陳列や待合室のレイアウトに手を加えたり、新店に足りない設備がある場合は導入を打診したりすることもできます。自分の考えで店舗の環境を整えられるのがオープニングスタッフの醍醐味です。

オープンを経験することがスキルアップにつながる

 薬局をオープンする際には、設備や備品などの準備のほか、スタッフが効率よく働くためのルールも決めなければなりません。薬剤師と事務スタッフの役割分担や薬歴管理の段取りは開業後に課題が浮かび上がることもあるので、自らリーダーシップを発揮して意見の整理を行いましょう。周囲への影響力が認められれば、昇進昇格も見えてくるはずです。

 オープニングスタッフとして業務の効率化を考えることが、マネジメント視点を鍛えることにつながり、やがてはキャリアアップの土台にもなります。一から店舗を作る経験は、独立開業を目指す人にとっても役に立つでしょう。

「オープニングスタッフ」の求人が狙い目!

 新規開業の調剤薬局やドラッグストアでは、オープン前に薬剤師を複数名募集します。しかし、オープニングスタッフの求人は人気があるので、すぐに定員が埋まってしまうことも。前もって転職エージェントに相談しておけば、新店の情報が入り次第優先的に求人を紹介してもらえるので、自分が希望する条件に近い求人を見つけやすくなります。

 薬剤師の転職をサポートするファーマリンクでは、正社員はもちろん、派遣やパートなどさまざまな雇用形態からご希望の条件に合う求人を紹介いたします。オープニングスタッフの求人をお探しならファーマリンクにご相談ください。

2019年10月30日掲載

監修:星野匡宣(薬剤師)

監修者のご紹介

星野 匡宣(薬剤師)

1998年、昭和薬科大学卒。多摩大学大学院にてMBA取得。
調剤薬局チェーンにてマネージャーを経験後、2009年にファーマリンクに入社。現在、同取締役。キャリアカウンセラーとしても活躍中。

さらに詳しく知りたい方はこちら

当サイトの編集ポリシー

合わせて読まれている記事

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます