薬剤師を辞めたい……。転職すべき?勤続すべき?

薬剤師を辞めたい理由を整理しましょう。

考える薬剤師

トピックス

  • ・薬剤師の仕事が合わないのか現在の職場が合わないのか、見極めが大切
  • ・職場環境や人間関係に悩んでいるなら転職を考えよう
  • ・転職する場合は「評価のギャップ」に要注意

 何らかの理由により「薬剤師を辞めたい……」と思い詰めてしまうことがあるかもしれません。しかし、せっかく苦労して薬剤師になったことを考えれば、一時の感情で決断してしまうのは禁物です。大切なのは、自分の感情を整理して状況を冷静に判断すること。場合によっては今の職場で働き続けたほうが良いケースもあるため、まずは辞めたい理由をきちんと明確にしましょう。

辞めたいのは「薬剤師の仕事」?それとも「今の職場」?

 仕事に行き詰まって「自分に薬剤師は向いていないのではないか」と思い悩んだとき、解決策として「転職」という選択肢を考えるケースもあるでしょう。しかし、薬剤師以外の職業に転職すると、一時的に収入が低下したり、これまで身につけたスキルが役に立たなかったりといったデメリットがあります。そのため、衝動的に辞めるのは得策ではありません。まずは今抱いている不満を具体的にしたうえで、どう行動するか決めることが大切です。

 もしも以下のような不満を抱いているのだとしたら、薬剤師からの転職を考えたほうがいいでしょう。

  • ・調剤など薬剤師の仕事が合わない
  • ・持っているスキルを活かせない
  • ・やりたいことが別にある

 薬剤師の仕事が合わないと感じるなら、職場を変えたところで不満の解決はできません。その場合は薬剤師以外の仕事を探すべきです。しかし今抱いている不満が上記以外のものなら、「薬剤師」という仕事そのものではなく「現在の職場」に問題があるのかもしれません。

今の職場で「薬剤師」を辞めたほうがいいパターン

 職場に何らかの不満を抱いている場合、その不満の内容によってはすぐにでも転職したほうがいいケースがあります。たとえば、「長時間労働が一向に改善されない」パターン。過酷な労働を続けていると、心身の体調を崩してしまい、キャリアプランも台無しになってしまう恐れもあります。手遅れになる前に、少しでも早く転職をしたほうがいいでしょう。

 同様に、「人間関係に問題を抱えている」パターンも転職する十分な理由になります。関係の良くない人間が職場から去るのを待つ手もありますが、我慢しているうちに自分が体調を壊してしまうかもしれません。「転職理由が人間関係だと印象が悪くなるのでは?」と不安に感じるかもしれませんが、最近では転職理由に「人間関係」を挙げる人が多くなっているため、ある程度客観的に理解できる理由があれば心配しなくても大丈夫です。

 その他に、今の職場を辞めたほうがいいケースとして「給与や休日などの待遇に不満がある」パターンが挙げられます。今の職場で不満を訴えても改善には時間がかかるケースが多いため、思い切って転職をしたほうが吉となりやすいでしょう。

今の職場で勤続すべきパターン

 社会人として働いていれば、多少の不満は避けられません。しかし不満の程度によっては、転職せずに同じ職場で働き続けたほうが賢明なパターンも存在します。特に深刻な悩みを抱いているというわけではなく、それでいて転職の目的も明確になっていないようなら、一時の勢いで現在の職場を辞めるのはおすすめしません。

 また、現在の職場に不満を抱いて転職を考える際、注意しておきたいのが「評価のギャップ」です。自分では自分を「もっと評価されるべき人材」と考えていても、実際の評価はあまり芳しくない――というケースは意外に多く存在します。このように、評価にギャップがある状態で転職活動を続けても失敗する可能性が高いため、まずは冷静に自分を見つめ直してみる必要があるでしょう。

ほかの職場と見比べて後悔しない選択を

 薬剤師が現在の職場を辞めるべきパターンと勤続すべきパターンをご紹介してきましたが、薬剤師という職種は比較的自由に働き方を決められるというメリットがあります。自分次第で、独立することも派遣やパートといった働き方をすることも可能なため、現在の職場がつらいようなら無理して残り続ける必要はありません。少しでも判断に迷うよう場合は、薬剤師の転職を応援している株式会社ファーマリンクまでご相談ください。

2019年5月29日掲載

監修:星野匡宣(薬剤師)

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日い9:00〜18:00。携帯もご利用になれます