派遣薬剤師と正社員薬剤師のメリットとデメリットを比較し、働き方を選びましょう。

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

派遣薬剤師と正社員薬剤師。メリットとデメリットを徹底比較

トピックス

  • 正社員薬剤師は収入が安定し、福利厚生も充実しているが残業や休日出勤がある
  • 派遣薬剤師は時給が高く、残業や転勤もないが昇進・昇給のチャンスは少ない
  • 管理職を目指すなら正社員、独自路線でキャリアを形成したいなら派遣社員がおすすめ

 短時間で効率よく稼げる派遣薬剤師と、安定的な収入が得られて福利厚生も充実している正社員薬剤師。薬剤師は派遣も正社員も募集が豊富なので、自分が理想とする働き方を実現できる雇用形態を選びましょう。ここでは派遣薬剤師と正社員薬剤師のメリット・デメリットを比較します。

薬剤師が正社員で働くメリット

収入が安定している

 正社員薬剤師の最大のメリットは、収入が安定している点です。定額の月収がコンスタントに得られるうえ、賞与や退職金を受け取るチャンスもあります。勤続年数に応じて昇給する会社も多いので、同じ職場で長く勤めるほど待遇アップが狙えます。

福利厚生が充実している

 住宅手当や子女教育手当など、ライフステージに合わせて受けられる補助が多く、保養施設提供、健康診断補助などの福利厚生が充実していることも正社員の大きな魅力です。同じ会社で1年以上継続して働いていれば育児休暇もきちんと取得できます。

昇進、昇給のチャンスが豊富

 会社の将来を担うマネージャー候補として扱われることが多いので、定期的に研修や勉強会に参加でき、スキルの研鑽を続けられることも大きなメリットです。また、年に数回昇進や昇格のチャンスがあるので、モチベーションを保って仕事を続けられます。正社員としての職歴は「責任ある仕事を任されてきた」ことの証明になり、転職の際も有利になることがあります。

薬剤師が正社員で働くデメリット

残業や休日出勤がある

 正社員には業務の進捗や顧客の都合で、残業や休日出勤が必要になる場合もあります。一定時間までの残業はみなし残業代として基本給に含まれている場合もあれば、定時を少しでも過ぎれば残業代が出る場合もあり、後者の場合は残業時間によって月収が変動するでしょう。

異動や転勤がある

 正社員は原則、部署異動や転勤の辞令に従わなければなりません。生活環境を変えたくない場合は、採用の際に転勤の範囲などの条件を会社側に確認しておきましょう。

薬剤師が派遣で働くメリット

時給が高い

 派遣薬剤師の時給は3000円前後と高水準で、都市部から離れるほど時給が上がる傾向があります。短時間の勤務でも効率よく稼げるでしょう。

時間的な制約がない

 働く曜日や時間が自分で選べるので、プライベートの時間を確保しやすいことも派遣薬剤師のメリットです。育児や介護、趣味や副業に時間を割きたい方には派遣での働き方が合うといえます。

薬剤師が派遣で働くデメリット

ひとつの勤務先に長く留まれない

 派遣薬剤師が同じ勤務先に留まれる期間の上限は3年です。以降は派遣先との直接雇用に切り替えるか、ほかの派遣先に移る必要があります。正社員と違って雇用期間に定めがあるので、育児休暇を取得するのが難しいケースもあります。

管理職への道がない

 派遣薬剤師はさまざまな職場で働くことができますが、簡単なピッキングや服薬指導が主な業務となり昇進・昇格の手段はありません。

正社員になったほうが薬剤師自身にメリットが多い例

 現在派遣薬剤師として働いていて、その勤務が週5日、1日8時間など正社員と同程度になる場合は、福利厚生が充実していてキャリアアップのチャンスもある正社員へのキャリアチェンジを考えてもよいでしょう。自分の都合で休みを取りたい日が月に1日程度なら、有休を使ってプライベートの時間を確保することも可能です。

 正社員薬剤師は安定した社会的地位と収入を得られますが、勤務時間が長くなりがちなので、時給で換算すると派遣薬剤師のほうが高い報酬を得られることもあります。「管理職を目指すなら正社員」「独自路線でキャリアを形成したいなら派遣薬剤師」のように働き方を選びましょう。

派遣から正社員になるには?

 派遣薬剤師から正社員薬剤師を目指すなら、「紹介予定求人」を狙ってはいかがでしょうか。紹介予定求人とは、派遣先に直接雇用されることを前提に、一定の期間(最長6か月)派遣薬剤師として働くというものです。派遣期間が終了する際、労働者本人と派遣先の両者で合意が取れれば雇用形態が正社員やパートへ切り替わります。実際の現場の様子を知ってから正社員になるかどうかを決められるので、勤務先とのミスマッチが防げるでしょう。

 現在派遣で仕事をしていて、将来的に正社員への道を考えているなら、薬剤師の豊富な求人情報を持つファーマリンクにご相談ください。幅広い求人情報の中から紹介予定求人や正社員求人に候補を絞って、希望にあった求人をご紹介します。

監修者のご紹介

星野 匡宣(薬剤師)

1998年、昭和薬科大学卒。多摩大学大学院にてMBA取得。
調剤薬局チェーンにてマネージャーを経験後、2009年にファーマリンクに入社。現在、同取締役。キャリアカウンセラーとしても活躍中。

さらに詳しく知りたい方はこちら

合わせて読まれている記事

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます