管理薬剤師のメリットと平均年収

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

管理薬剤師になるメリット。平均年収はいくら?

トピックス

  • 管理薬剤師とは、薬局の中で責任ある業務を引き受ける「薬剤師の管理職」
  • 薬剤師や従業員の監督、医薬品等の管理を主に行う
  • 管理薬剤師の年収は550万円~700万円で、ボリュームゾーンは600万円前後

 薬局やドラッグストアで医薬品の管理や従業員の監督を行う管理薬剤師。薬剤師が就く仕事の中でも平均年収が高いといわれますが、業務内容や責任にはどのような違いがあるのでしょうか。仕事内容やキャリアアップ、年収の面から、管理薬剤師になるメリットをご紹介します。

管理薬剤師は「薬剤師の管理職」

 調剤薬局やドラッグストア、製薬会社や卸売業には、管理薬剤師を必ず置かなければなりません。管理薬剤師は「薬剤師の管理職」として、従業員の監督や医薬品等の管理などの業務を担います。

従業員の監督

 管理薬剤師には、業務を通じて薬剤師と従業員を指導・教育する役割があります。業務中はほかの薬剤師や従業員が接客で適切な情報を提供しているか、法令を遵守しているかを監督します。薬の購入者や処方箋を受け取った患者が医薬品を適切に使用できるよう、他の薬剤師を指導するのが管理薬剤師の役目です。

医薬品等の管理

 店舗内の医薬品を適切に管理するのも管理薬剤師の仕事です。管理薬剤師は、医薬品の品質を保つために適正な温度や湿度で管理する、設備に問題が生じた場合は開設者に改善するといった責任を負います。

 そのほか、在庫切れがないように常に在庫管理に気を配る、有効期限の切れた不良品等を処分する、医薬品と医薬部外品、化粧品等をきちんと区別して陳列する、医薬品ではないサプリメントや健康食品のポップに効果・効能を記載していないか確認するなど、売り場の細かいチェックも業務に含まれます。

管理薬剤師は休みにくいが年収はアップする

 管理薬剤師は、ほかの薬剤師より休みが取りにくい傾向にあります。それは店舗での通常業務に加え、本社や行政に提出する書類の作成など締め切りのある業務も担当しているからです。仕事が予定通り進まない場合は、休日出勤が必要になるケースもあります。休みの取りにくさは管理薬剤師のデメリットといえるでしょう。

 ただし、管理薬剤師になると役職手当が付くため、年収は一般の薬剤師に比べて高くなります。金額は職場によって異なりますが、月収に3万円~6万円上乗せされるのが一般的です。年収はボーナスを含めると550万円~700万円ほどになります。薬局で働く薬剤師の平均年収は450~550万円程度のため、比較するとかなり高くなることがわかります。今より高い年収を求める方は管理薬剤師を目指しましょう。

管理薬剤師の仕事は責任重大

 管理薬剤師はほかの薬剤師や従業員の指導や職場環境の改善、医薬品の品質管理や在庫管理を行うだけでなく、トラブルやお客様からのクレーム処理に対応するなどストレスも多い職位です。医薬品への知識のほかに、マネジメントやコミュニケーションのスキルも求められます。

 業務は責任重大ですが、管理薬剤師を経験すれば指導や管理のスキルが身につきます。管理薬剤師になるために必要な条件は法律的にはありません。エリアマネージャーなど、高い職位への昇進を目指すなら管理薬剤師への昇進を目指して日々の業務に励みましょう。

 また、管理薬剤師は医薬品医療機器等法にて「兼業の禁止」が定められています。自分が在籍する薬局以外での「薬事」に関する副業は、学校薬剤師などの公益性の高い業務を除いて認められないことを心に留めておきましょう。

管理薬剤師の経験がキャリアアップにつながる!

 責任の重い管理薬剤師の仕事ですが、労力に見合うだけの年収とやりがいを得ることができます。管理薬剤師としてキャリアを積むことで、その後の転職も有利になるでしょう。今の職場で内部昇進を目指すのもひとつの手段ですが、昇進の機会が回ってこない方には、転職で管理薬剤師の求人に応募することをおすすめします。

 ファーマリンクでは研修や評価制度が充実した職場の求人情報を紹介することで、薬剤師のキャリアアップをバックアップしています。管理薬剤師へのキャリアアップをお考えなら、お気軽にファーマリンクにご相談ください。管理薬剤師やその候補の求人情報をご紹介いたします。

2019年10月9日掲載

監修:星野匡宣(薬剤師)

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます