年収を上げるための薬剤師のキャリア形成

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

薬剤師のキャリアアップ。年収を上げるための方法

トピックス

  • 調剤薬局なら店舗責任者である「管理薬剤師」や「エリアマネージャー」を目指すべき
  • 薬剤師不足の地方での就業や、製薬企業の研究職やMRへの転職で収入アップが狙える
  • 派遣薬剤師になって副業をしたり、独立開業を目指したりするのも選択肢のひとつ

 関わった治療や在籍した病院が年収に直結する医師や看護師と異なり、薬剤師は経歴が収入に反映されにくいといわれています。勤続年数によって給与が順調に上がる大きな会社、薬局でない限り、自分自身で努力をしなければ年収の大幅なアップは見込めないでしょう。薬剤師が年収を上げるにはどのような方法が有効なのでしょうか。

管理薬剤師・エリアマネージャーなど「管理職」を目指す

 収入アップのために必要なのは、今より責任の大きい仕事にチャレンジすることです。調剤薬局やドラッグストアなら、店舗の責任者である「管理薬剤師」を目指しましょう。管理薬剤師は、現場の管理や経営能力が求められる職種で、多くの場合調剤業務や接客に関わる機会は減ります。待遇は薬局によりますが、月5万円前後の役職手当がつく場合が多いので、年間で60万円程度の収入増が期待できるでしょう。

 また、店舗のトップである管理薬剤師より、担当エリア内の複数店舗を統括する「エリアマネージャー」のほうが年収は高くなります。エリアマネージャーの平均年収は650万円から750万円程度で、実績や経験によってはそれ以上になることもあります。

 薬剤師として3年以上の調剤経験があれば管理薬剤師になることができますが、店舗に1人しか配置されないため、ポストに空きがなければ実力があっても昇格できません。現在の職場で上のポストが詰まっている場合は、人手不足の薬局や成長中の薬局を狙って転職するのも選択肢のひとつです。管理薬剤師を経験すれば、複数の店舗をまとめるエリアマネージャーへの道も拓けます。

給料が高い勤務先・職種に転職する

 薬剤師の職場のなかで最も高収入が狙えるのは製薬企業です。続いて、日用品や化粧品の販売によって利益率が高いドラッグストア、安定的な稼働が見込める調剤薬局、病院の順に平均年収が高いといわれています。企業の研究開発やMRなら年収1000万円超えも夢ではありません。ただし、製薬企業の研究職は大学院を出ていても狭き門です。MRもリストラの波が広がって久しいですが、実力次第でインセンティブを得られる職なので、自信がある方はキャリアチェンジも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 調剤薬局やドラッグストアで働くとしても、人手が足りている都心部より、地方の薬剤師のほうが高年収になる傾向があります。地方なら都市部より物価も安いので、今と変わらない仕事量でゆとりのある暮らしが実現できるかもしれません。

勤務形態を変える

 正社員薬剤師は給与も待遇も安定していますが、時給で換算すると派遣薬剤師のほうが効率的に稼げます。派遣なら深夜手当がつく夜間だけ勤務したり、自分の知識を活かした副業(ライターや翻訳など)で稼いだりすることも可能です。ただし、期間雇用のため将来の見通しは不安定です。自分でキャリアをデザインする計画性が必要です。

 大幅な収入アップを狙うなら、調剤薬局の独立開業を目指すのも手段のひとつです。自分で薬局を経営すれば定年もないので老後の生活にも困らないでしょう。独立開業には薬剤師としてのスキルのほかに、物件を借りたり、スタッフを募集したりとさまざまな準備が必要です。経営を軌道に乗せるには、独立開業する医師とのコネクションを作って、集客が見込める立地に店舗を構えたり、認定薬剤師などの資格を取って得意分野をアピールしたりするなどの努力が欠かせないでしょう。

今の職場での昇進と、転職のどちらを選ぶか

 薬剤師の仕事で年収を上げる方法は、今の職場で昇進するか、別の勤務地、勤務先、勤務形態に転職するかの2通りです。地方への移住や独立開業などは人生に関わる大きな選択となるので、第三者の意見も聞いて熟考したいもの。

 ファーマリンクでは、薬剤師として店舗管理の経験を持つキャリアカウンセラーが、転職に関わるあらゆる相談にお応えしています。今後のキャリア形成で悩んだら、ファーマリンクまでお気軽にご相談ください。

2019年10月25日掲載

監修:星野匡宣(薬剤師)

監修者のご紹介

星野 匡宣(薬剤師)

1998年、昭和薬科大学卒。多摩大学大学院にてMBA取得。
調剤薬局チェーンにてマネージャーを経験後、2009年にファーマリンクに入社。現在、同取締役。キャリアカウンセラーとしても活躍中。

さらに詳しく知りたい方はこちら

当サイトの編集ポリシー

合わせて読まれている記事

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます