薬剤師の年収をアップさせる最適解

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

【20代~40代薬剤師向け】年収をアップさせるための最適解とは

トピックス

  • 薬剤師の平均年収は、都市部よりも人手不足の地方のほうが高い傾向がある
  • 年収アップを狙うなら、昇給に影響するスキル・経験を積むことが必須
  • 職場以外で薬剤師の人脈を作ったり、今より高待遇の職場に転職したりする方法もある

 薬剤師の中には、「毎日懸命に働いているのになかなか給料が上がらない」「貯蓄ができない」といった悩みを持っている方もいるでしょう。薬剤師の給料は会社の昇給規定によって決まることもあり、勤続年数を重ねるだけでは思うように上がらないこともあります。

 では、20代~40代くらいの薬剤師が年収をアップさせたい場合は、何をすればよいのでしょうか。ここでは、若手や中堅薬剤師の年収アップのコツをご紹介します。

薬局薬剤師の年齢別平均年収は?

 薬剤師の年収を年齢別に見ると、20代は400万円後半、30代は500万円後半、40代、50代でピークとなり500~600万円台、60代は少し下がって400~500万円のようにカーブを描いて推移することが一般的です。

薬剤師の年収について詳しく知りたい方はこちらもチェック!
薬剤師の年収って?年齢、職場、地域、働き方ごとにご紹介
https://www.k-pharmalink.co.jp/contents/beanknowledge/pharmacist-annual-income/

 ただし、これはあくまでも全国平均であり、実際には都市部よりも地方のほうが年収が高い傾向にあります。それは、都市部より地方のほうが高齢者が多いため、医療従事者が不足しがちになり、人手不足を解消するために高水準の時給を提示する薬局が多いためです。高収入を希望して転職するなら、地方の求人案件を探してみるのも手段のひとつといえるでしょう。

 もちろん、地方の薬局に勤務すること以外にも収入アップの方法はあります。年収アップを狙うなら以下に紹介する方法を実践してみましょう。

手段1:昇給に影響するスキル・経験を積む

 現在の職場で昇給を目指すなら、何らかの役職に就けば手当がもらえます。調剤薬局なら、管理薬剤師や薬局長になれば月に1万円〜3万円程度手当が加算され、ボーナスもある程度上乗せされるため、年収にして50万円程度はアップするでしょう。またスーパーバイザーやエリアマネージャーを目指すか、本社勤務になるなどの方法で昇給することが可能です。その場合、様々な人と関わるので、コミュニケーション能力、調整能力は必須です。

 また、病院なら調剤部門の責任者を目指す方法もあります。ただし、これらを実現するにはマネジメント能力が必須ですから、そのスキルをアピールできれば昇給のチャンスが近づきます。また、認定薬剤師の資格を取って薬剤師としてステップアップしたり、在宅訪問に関わる仕事をしたりするなど、自身の市場価値を高める努力をすることも大切です。

手段2:職場の外で薬剤師の人脈を作る

 職場以外に人脈を作れば、薬剤師業界に関するさまざまな情報が得られます。他の職場の状況を知り、薬学の最新知識を得るきっかけが作れるので、ぜひ勤務先以外の人脈を開拓しましょう。

 頼みの綱である薬学部時代の友人と疎遠になってしまったという方は、ぜひ薬剤師が集まる勉強会やイベントなどに参加してみてください。意識の高い薬剤師たちと関わる機会が増えれば、そこから知識を得て、スキルアップすることが可能です。

手段3:今より高待遇の職場に転職する

 薬剤師の給料は、同じ職場にいる間はなかなか上がらないこともあります。特に、その会社の給与規定で昇給の上限が決められている場合は例外を作るのは難しいでしょう。そのため、年収アップを考えるなら、もっと条件のよい職場に転職するのが有効です。転職を機にキャリアアップを狙うなら「薬局長候補募集」「管理薬剤師候補募集」などの、役職に就ける求人を探して応募するとよいでしょう。

 また、不透明な昇給システムにストレスを感じている方は人事制度がしっかりしている職場への転職で不満が解消されることもあります。今より働きやすく、待遇のよい職場をお探しならファーマリンクにご相談ください。幅広い求人情報から、現役薬剤師のキャリアカウンセラーが、あなたの希望にマッチした転職先をご紹介します。

2020年1月27日掲載
2020年2月12日更新

監修:星野匡宣(薬剤師)

監修者のご紹介

星野 匡宣(薬剤師)

1998年、昭和薬科大学卒。多摩大学大学院にてMBA取得。
調剤薬局チェーンにてマネージャーを経験後、2009年にファーマリンクに入社。現在、同取締役。キャリアカウンセラーとしても活躍中。

さらに詳しく知りたい方はこちら

当サイトの編集ポリシー

合わせて読まれている記事

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます