Q29:薬剤師の転職時期|よくあるご質問|薬剤師転職・派遣のファーマリンク【神奈川・東京・埼玉・千葉】

よくあるご質問の解答詳細

Q29

薬剤師の転職に適した時期はいつですか?

A29

薬剤師の転職に適した時期は、一般的に年度の変わり目や賞与の支給後とされています。その理由は、上記の時期に離職する薬剤師が多く、比例して求人も増える傾向にあるからです。しかし薬剤師の求人は1年を通して多数あります。転職に適した時期だけに囚われず、その求人の内容を確認しながら転職活動を行うようにしましょう。

どの業界でもそうですが、転職をする場合、自身の都合だけで動くのではなく、職場に及ぼす影響なども考えたいですね。「なるべく有利な条件で転職する」と「今の職場に迷惑をかけない」の2点を抑えつつ、以下のタイミングで転職を考えてみましょう。

年度の変わり目やボーナス時期の前

年度の変わり目や賞与支給直後は、薬剤師の求人が増えるタイミングを狙って、転職準備を始める人も多くなります。求人数が増えれば、それだけよい求人に出会える可能性も高まりますが、一方であまりよくない求人も増えていることでもあります。そのため求人を選ぶ際には、慎重に検討する必要があります。

賞与の支給前に転職活動を始める場合、自分と会社の双方が納得する形で退職できる環境を整えましょう。
事前に退職の旨を伝え、賞与の支給についても雇用者側としっかり話し合うことが必要です。

求人が多いシーズン

シーズンを通してもっとも求人が多いのは、12~3月と言われています。繁忙期というだけでなく、12月のボーナス支給後の離職や、ご家族の転勤、進学などの事情も重なり、転職が増えやすい時期です。
雇う側としても、この時期に人材を確保するのは困難といえます。そのため、収入面でいい条件を出してくる病院や薬局があるかもしれません。転職者としては狙い目のシーズンといえるでしょう。

しかし、薬剤師に限らず、どの職場でも繁忙期に社員が退職すると様々な問題が発生することがあります。薬剤師が働く薬局やドラッグストアでは、風邪が流行る冬場、または花粉症が猛威を振るう春先はもっとも多忙を極めるシーズンです。忙しい状況の中で欠員が出てしまうと、職場の仲間だけでなく患者にも影響を及ぼしかねません。転職には引継ぎなどに時間がかかることもありますので、実際に転職をする際には、できるだけ余裕をもって行動をしましょう。

薬剤師の転職は勤務3年以上が目安

薬剤師が転職を考える場合、勤務開始から3年以上経過していると、転職が有利になります。雇用側に即戦力になると判断してただけるためにはそれ相応の経験が必要です。即戦力ではんだんされれば給与や待遇も良くなるため、転職する時期の目安として覚えておきましょう。

また、薬剤師が転職を行う際には、事前に専門の転職サイトに登録しておくことも大切です。様々な求人情報を取り入れて、自分にとってのベストなタイミングで転職するように心がけましょう。

一覧に戻る

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日い9:00〜18:00。携帯もご利用になれます

おすすめ求人特集