よくあるご質問の解答詳細

Q28

薬剤師が転職に失敗する理由は何ですか?

A28

薬剤師が転職に失敗する理由には、年収や待遇の確認不足、入ってから感じる人間関係、職場環境などの問題が挙げられます。転職を成功させるためにも、陥りやすい事例を知って気を付けるようにしましょう。

転職に失敗するケースを知ろう

薬剤師の転職で失敗するケースには、希望条件を十分に伝えられなかった、転職を焦って求人情報を十分に確認せずに応募した、などが挙げられます。薬剤師が必要とされる職場は幅広く、転職することで現状よりもよい収入や待遇を得られる事例もありますが、既に高収入を得ている場合は転職によって収入等が下がる場合もあります。そのため転職に失敗しないように、事前に十分な確認をしておくことが重要です。

研修制度やフォロー体制があるか調べる

未経験の業務がある場合は、転職する際に十分に研修やフォロー体制がある職場を選ぶようにしましょう。薬剤師には働きながら学べる職場も多数ありますが、中小薬局の中には研修やフォロー体制がない場合があります。そのような職場では業務に必要なスキル習得に時間がかかってしまいます。転職先を探す際には、薬剤師としての自分のスキルをきちんと把握し、それに対応できる職場を選ぶようにしましょう。

求人情報と事実の相違はないか調べる

薬剤師が転職で失敗したと感じる背景には、求人情報と実際の職場での仕事内容や環境との相違も挙げられます。例えば、求人情報には残業なしと記載されていたのに、実際には毎日残業が発生することも少なくありません。この対策としては、求人情報だけを鵜呑みにするのではなく、事前に気になる部分を担当者に質問して確認をとっておくようにしましょう。

キャリアカウンセラーにしっかりと情報を伝える

転職を考えるときは、自分一人で悩まないようにしましょう。キャリアカウンセラーに相談をすることで、第三者の意見を取り入れて適性に合う会社を探すことが可能です。キャリアカウンセラーは、希望や条件、性格に沿った理想の会社を探す情報力とコンサルタント能力にすぐれています。カウンセラーと連携して転職活動に望めば、企業とのミスマッチを最小限に防ぎ、理想に近い職場に巡り合える可能性も高くなります。

一覧に戻る

0120-998-730
受付日時:土日祝日を除く
9時~18時まで

簡単Web登録

非公開求人も多数あり!登録はこちらから