よくあるご質問の解答詳細

Q38

在宅訪問薬剤師の仕事について教えてください

A38

在宅訪問薬剤師の仕事は、主に患者の家に訪問して服薬指導や薬剤管理を行うことです。

在宅医療で求められる在宅訪問薬剤師

在宅訪問薬剤師とは、病気や高齢により、家からの外出が難しい患者の自宅に訪問し、在宅医療のサポートを行う薬剤師のことです。訪問薬剤師がいることで、普段病院に出向くことが難しい患者に対し、薬に関する悩みや疑問に応えることができます。さらに、在宅医療を受けている患者やその家族の負担・不安を和らげることが目的です。

在宅訪問薬剤師の仕事内容

在宅訪問薬剤師の主な仕事内容は、服薬指導、薬剤管理、医師やケアマネジャーとの連携などです。それぞれ以下に紹介します。

服薬指導

在宅訪問薬剤師の仕事として最も重要なのは、患者の自宅で行う服薬指導です。担当の患者に対して、薬の飲み方や効果、副作用などをわかりやすく説明します。そのため在宅訪問薬剤師には、薬に関する適切な知識や技術に加えて、コミュニケーション能力が必須です。

薬剤管理

患者の薬を管理することも在宅訪問薬剤師の仕事です。患者の服用履歴を常に記録し、飲み残しがないか確認します。患者によっては、複数の薬を服用することもあります。1回で服用する薬を小分けにし、「お薬カレンダー」や「配膳ボックス」に入れて整理するなど、誤飲や飲み忘れがないようにサポートすることも仕事の一環です。

医師やケアマネジャーとの連携

在宅訪問薬剤師は、患者が安心して在宅医療を受けられるよう、医師やケアマネジャーと連携して仕事を行います。患者のもとを訪れた際は、薬の効果や副作用を確認し、医師やケアマネジャーと情報を共有します。また、患者の体調や生活状況を確認したり、家族にヒアリングしたりすることも仕事の1つです。患者の状況を正確に把握することで、より適切な処方への変更を医師に提案するなど、在宅医療の質の向上につなげることができるのです。

このように在宅訪問薬剤師は、在宅医療における重要な役割を担っています。在宅訪問薬剤師のニーズは、今後さらに高くなると予想されています。

一覧に戻る

0120-998-730
受付日時:土日祝日を除く
9時~18時まで

簡単Web登録

非公開求人も多数あり!登録はこちらから