良い転職サイトの見分け方は?|薬剤師の派遣・紹介求人はファーマリンク

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

薬剤師の求人を探す際に良い転職サイトを見極めるためにはどこを見ればよいでしょうか。

良い転職サイトの見分け方は?

転職を考える薬剤師のほとんどが、転職サイトや転職エージェントに登録するのではないでしょうか。薬剤師に特化した転職サイトはいろいろありますが、「転職して良かった!」と心から思える転職先を見つけるには、転職を希望する分野に強いサイトに登録することが大切です。
良い転職サイトを見極める際には、以下の3点に注意しましょう。


キャリアカウンセラーが業界に詳しい

前提として、キャリアカウンセラー(コンサルタント)がいる転職サイトを利用することをおすすめします。 その上で「キャリアカウンセラーが業界に詳しい」ことは必須です。
薬剤師の求人と薬剤師以外の求人では、転職希望者に求められるスキルや実績などの条件が異なってきます。 もしも薬剤師専門の知識をもっていないキャリアカウンセラーであれば、転職希望者が望む条件が正確に伝わらない可能性が高くなります。 そのためキャリアカウンセラーが専門知識を持っているかどうかは、転職サイトを選ぶための基準のひとつとなります。
薬剤師専門の求人サイトであれば、キャリアカウンセラーが業界専門の知識を持っているので、利用する転職サイトの候補に入れると良いでしょう。
薬剤師の派遣・転職をサポートするファーマリンクの場合は、キャリアカウンセラー全員が現役の薬剤師です。 キャリアカウンセラーとして働くかたわら、週に何度かは派遣社員として現場にも出ているため、薬剤師が直面する問題も把握していますので、多角的なバックアップが可能です。


希望条件の求人に強い

希望条件の求人に強いかどうかをチェックすることも必要です。
サイトによっては、たとえば「地域」や「雇用形態」など特定の求人条件に強いこともあります。 サイトの記述には一通り目を通してこの傾向を探らなければいけません。

職場・勤務地で選ぶ

薬剤師が勤務する職場には、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあります。もし転職したい職場がすでに決まっているなら、希望する職場の求人情報を多く扱う転職サイトに登録するのが近道です。
たとえば大手の調剤薬局が運営している転職サイトなら、病院や製薬会社よりも調剤薬局の求人が多くなります。このほかドラッグストアの求人が多いサイトや病院薬剤師に特化したサイトなどもあります。製薬会社などの求人は少ないため、どこのサイトでも求人数はそれほど多くはないようです。

雇用形態や働き方で選ぶ

薬剤師として働くには、正社員のほかにパートや派遣といった雇用形態もあります。
転職サイトの中には正社員の求人が中心のサイトや、派遣が中心のサイトなどがあるため、どの雇用形態を希望するかによって見るべき転職サイトが変わります。
もし雇用形態を決めずに転職するなら、キャリアカウンセラーとの面談を実施してくれる転職サイトに登録して、転職の方向性を定めると良いでしょう。 たとえばファーマリンクであれば、キャリアに関する悩みはもちろん、家庭との両立や将来的な独立などのお悩みを伺ったうえで、最適な働き方をアドバイスできます。

希望の求人を探す際には、上記の視点から複数のサイトを見て比較検討すると良いでしょう。 また公開求人のみを見るのではなく、キャリアカウンセラーに直接「サイトの強み」を聞くことで、より全貌が見えてきます。


紹介される求人が好条件

サイトを一見しただけでは評価できないポイントもあります。
転職サイトには求人情報が掲載されていますが、実は表に掲載されていない非公開求人というものも存在します。 非公開求人とは、その転職サイトに登録した人だけが見ることができる求人であり、公開されている求人より高時給の案件が多い点が特徴です。 中にはキャリアカウンセラーに相談して初めて紹介される求人もあります。
転職サイトが求人を非公開にすることには、以下のような理由があります。

応募が殺到するため

条件の良い求人には応募が集中します。応募者が多ければそれだけ採用活動を行う募集企業の負担も増えるので、大手企業は非公開求人にしか情報を載せない傾向があります。

企業戦略・人事情報が漏れるのを防ぐため

求人情報を公開すると、募集企業が次に展開しようとしている事業内容が他社に知られてしまうリスクがあります。また、能力の高い人材をどこで発掘しているかも分かってしまいます。
また、募集している求人情報を社内の人が閲覧することで、自身のポジションが危ういと感じる人が出たり、募集求人と同じポストについている人物の異動・退職が噂になったりと不都合が生じるケースもあります。

このような非公開の求人情報を入手するために、複数のサイトに登録して数人のキャリアカウンセラーと面談することをおすすめします。その際にはそれぞれのキャリアカウンセラーに希望を伝え、それをもとに紹介される求人で判断しましょう。
ポイントは、希望条件に沿った紹介求人をされているかどうかです。「好条件」とは人によってそれぞれです。必ずしも大企業や給料の高い求人の紹介が「好条件」ではありません。キャリアカウンセラーと面談するのであれば、まずは希望条件を固めてからにしましょう。

転職サイトにはそれぞれ強みがあり、求職者の希望条件も異なります。大切なのは希望条件に合った求人を紹介してもらうことです。いくつかの転職サイトを利用し、自分に合った転職先を探しましょう。

無料で薬剤師の転職をサポートします!
まずは以下からご登録ください。

60秒カンタン登録!

Step1

働き方について教えてください。
どんな働き方がしたいですか?必須
いつから働けますか?必須

Step2

どちらにお住まいですか?
都道府県必須
最寄り駅必須

Step3

あなたについて教えてください。
お名前必須
フリガナ必須
生まれ年必須

Step4

ご連絡方法をお選びください。
連絡方法必須
メールアドレス必須
電話番号必須
個人情報の取り扱いについてはこちらをご確認ください。
2017年7月23日掲載
2020年2月04日更新

監修者のご紹介

星野 匡宣(薬剤師)

1998年、昭和薬科大学卒。多摩大学大学院にてMBA取得。
調剤薬局チェーンにてマネージャーを経験後、2009年にファーマリンクに入社。現在、同取締役。キャリアカウンセラーとしても活躍中。

さらに詳しく知りたい方はこちら

当サイトの編集ポリシー

業界まめ知識

業界市場動向

成功する転職ノウハウ