Q8:良い転職サイトの見分け方は?|よくあるご質問|薬剤師転職・派遣のファーマリンク【神奈川・東京・埼玉・千葉】

よくあるご質問の解答詳細

Q8

薬剤師の求人を探す際に良い転職サイトを見極めるためにはどこを見ればよいでしょうか。

A8

薬剤師の求人を探す場合には、「コンサルタントが業界に詳しい」、「紹介される求人が好条件」、「希望条件の求人に強い」の3点に注意しましょう。

前提として、コンサルタントがいる転職サイトを利用することをおすすめします。その上で「コンサルタントが業界に詳しい」ことは必須です。薬剤師の求人と薬剤師以外の求人では、転職希望者に求められるスキルや実績などの条件がまったく異なってきます。もしも薬剤師専門の知識をもっていないコンサルタントであれば、転職希望者が望む条件が正確に伝わらない、希望と異なる職場を紹介される、などの弊害が起こる可能性があります。そのためコンサルタントが専門知識を持っているかどうかは、転職サイトを選ぶための基準のひとつとなります。薬剤師専門の求人サイトであれば、コンサルタントが業界専門の知識を持っているため利用する転職サイトの候補に入れると良いでしょう。

また「紹介される求人が好条件」であることも外せません。これを見分けるには、複数のサイトに登録して数人のコンサルタントと面談することをおすすめします。その際にはそれぞれのコンサルタントに希望を伝え、それをもとに紹介される求人で判断しましょう。ポイントは、希望条件に沿った紹介求人をされているかどうかです。「好条件」とは人によってそれぞれです。必ずしも大企業や給料の高い求人の紹介が「好条件」ではありません。コンサルタントと面談するのであれば、まずは希望条件を固めてからにしましょう。

「希望条件の求人に強い」かどうかをチェックすることも必要です。サイトによっては、例えば「地域」や「雇用形態」など特定の求人条件に強いこともあります。サイトの記述には一通り目を通してこの傾向を探らなければいけません。また、上記のように複数サイトを利用するのも良いでしょう。ただし、コンサルタントに相談して初めて紹介される求人もあるので、公開求人のみ見るのではなくコンサルタントに「サイトの強み」を聞くことでより全貌が見えてきます。

転職サイトにはそれぞれ強みがあり、求職者の希望条件も異なります。大切なのは、希望条件に合った求人を紹介してもらうことです。いくつかの転職サイトを利用し、自分に合った転職先を探しましょう。

一覧に戻る

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日い9:00〜18:00。携帯もご利用になれます

おすすめ求人特集