よくあるご質問の解答詳細

Q27

薬剤師のやりがいとして挙げられるものは?

A27

薬剤師のやりがいとして挙げられることは、主に患者の役に立てることや、医療に貢献できることなどです。ただし薬剤師は、働く職場によって仕事内容が変わり、それに応じてやりがいも変化します。そのため薬剤師と一括りにするのではなく、それぞれの職場で得られるやりがいを見つけるようにしましょう。

薬剤師が活躍できる職場

薬剤師が活躍する職場は多く、調剤薬局、病院、製薬会社など様々です。そのため転職する前に、それぞれの職場によって異なるやりがいを確認しておきましょう。

調剤薬局で働くやりがい

調剤薬局で働くことで感じられるやりがいは、患者の役に立てるということです。調剤薬局で働く薬剤師は、主に医療機関が発行した処方せんを受け取り調剤し、必要な情報提供とともに薬を患者に渡すといった仕事を行います。その際に、患者から直接感謝されたり、薬に関する知識を業務に役立てたりできます。服薬指導や健康指導を行うことで、患者の服薬への不安が解消された時や、患者の病状が改善したという話を聞けた時が、特に仕事のやりがいを感じられる時です。特に最近は、残薬の確認や在宅医療、地域の健康への貢献など、求められることは多くなってきています。

病院で働くやりがい

病院で働く薬剤師のやりがいは、医療チームの一員として、医師や看護師と働けるということです。病院は、調剤薬局やドラッグストアとは違った業務も多くあり、薬剤師は患者の治療に貢献するという意識が求められます。また病院で働く薬剤師は薬に関するプロとして、薬物療法に関する提案をすることができます。臨床の場という、より間近で患者の症状改善を確認できる立場にいることで、より深く医療に貢献できているという満足感や達成感を感じられます。

製薬会社で働くやりがい

製薬会社の開発部門で働く薬剤師は、薬剤師の能力のうち、薬理・薬物治療の知識だけでなく合成や分析という知識もフルに活用します。新薬を開発する仕事に携わるため、薬剤師としての力を活かすことがやりがいに繋がります。患者を病から救う薬の開発に、自分も関わっているという実感は、製薬会社に勤める者でなければ得られません。長年の研究が実を結び、自社の新薬が認可されたときは、その喜びもひとしおで、その後の研究や開発の励みにもなるのです。

このように薬剤師は働く環境によって、求められるスキルや役割が異なります。もしも、薬剤師として働いていて、上記のようなやりがいを感じられないなら、別の職場に転職するという選択肢もありますので、一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

0120-998-730
受付日時:土日祝日を除く
9時~18時まで

簡単Web登録

非公開求人も多数あり!登録はこちらから