よくあるご質問の解答詳細

Q44

薬剤師レジデントとは何ですか?

A44

薬剤師レジデントとは、薬学部を卒業したあとに、医療現場の薬剤師として働きながら研修を受けられる制度のことです。この制度は、薬学教育を受けた薬剤師の、臨床研修制度の1つとなっています。

薬剤師レジデントはアメリカ発祥の制度

この薬剤師レジデントは、アメリカで生まれた制度です。日本では、平成14年に東京都の北里大学北里研究所病院がこの制度を開始しています。その後、地域の基幹病院や国立大学病院などを中心に、薬剤師レジデント制度の導入が広がっています。

薬剤師レジデント制度で知識と技術を身につける

薬剤師レジデント制度は、一般的に2年の期間が設けられています。まず1年目で臨床薬剤師としての知識や技能の基礎を身につけ、2年目以降は1年目で身につけたスキルを発展させ、より専門的な研修を行います。また、薬剤師レジデントを受け入れている病院の中には、特定の分野に特化した、独自の研修プログラムを構築している病院もあります。専門薬剤師を目指したい場合は、こうしたプログラムを活用すると良いでしょう。

薬剤師レジデントになると給料が発生する

通常の研修とは異なり、薬剤師レジデントになると、給料が発生します。そのため、研修生としてお金を支払いながら教育を受けるよりも、安定した生活基盤の中で知識や技術を学べるのがメリットです。さらに、研修プログラムとはいえ、仕事として業務に取り組むことになるため、プロとしての意識も高まります。

薬剤師レジデント制度のある病院を調べておこう

薬学部を卒業後に、薬剤師レジデント制度のある病院で研修を受けたい場合は、在学中から情報集めをしておきましょう。まずは、どんな病院がどのような薬剤師レジデント制度を設けているかを知ることが大切です。

また、薬剤師レジデントの募集は、一般の求人サイトでは取り扱っていないケースがあります。そのため、自ら病院のホームページや募集情報を公表しているサイトを確認しなければなりません。加えて、薬剤師レジデントの募集時期は、それぞれ病院や施設で異なりますので、できるだけこまめにチェックしておきましょう。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから