よくあるご質問の解答詳細

Q17

公務員として働く薬剤師もいるのですか?

A17

公務員として働く薬剤師は存在します。公務員の中には薬剤師の技能が必要とされている職があり、国家公務員と地方公務員に大別することができます。そうした公務員の仕事の中からいくつかをご紹介します。

薬剤師が国家公務員として働く場合、厚生労働省や農林水産省など国の省庁において、国家の薬事行政に携わることとなります。省庁の採用試験では、高度な化学・薬学・生物の知識が求められるため、薬学部を卒業している薬剤師は有利になるといえます。

他にも薬物犯罪の捜査や正規麻薬の管理を行う麻薬取締官、輸入食品の安全監視・指導を行う食品衛生監視員も、薬剤師の資格を活かして就くことのできる国家公務員です。麻薬取締官を目指す人は、薬剤師の資格を持っていれば筆記試験が免除されます。食品衛生監視員の場合は、薬剤師免許の保有が受験資格となり、人事院の行う専門職試験に合格することで採用となります。

薬剤師が地方公務員として働く場合、保健所から立ち入り検査を行う薬局・製薬会社などへ出向き、現場で行政の窓口として仕事を行うことになります。他にも衛生研究所や県立病院、消費者センターなどで働くということもあります。

地方公務員を目指す場合は、都道府県や政令指定都市などの人事委員会が行う公務員試験に合格することが必要です。この公務員試験は、基本的に1次試験と2次試験に分かれています。

1次試験では、教養試験や専門的な試験を行い、2次試験では、個人面接や集団面接、論文試験などを行います。特に、2次試験における面接は重要視される傾向にあります。これは地方行政で採用され働くうえで、地域住民と接する機会が多くなることからコミュニケーション能力が必要とされるためです。公務員には年齢制限があるので受験する地域の情報は事前にしっかりと確認しておく必要があります。公務員試験に合格後、薬剤師の資格を持っていれば公務員薬剤師として配属される可能性があります。

また都立や県立の病院における調剤を行う薬剤師は、資格を持った人を対象に公務員試験とは別に募集をするところも多いですが、これも地方公務員として働くひとつの方法といえます。

薬剤師資格が必要となるような公務員は、公務員の中でも特別職なので、部門によっては募集しない年もあります。しかし、薬学を活かして様々な仕事に挑戦できる環境や、民間企業では得られない安定性など魅力の多い仕事なので、気になる人は募集に目を光らせておくと良いでしょう。

一覧に戻る

0120-998-730
受付日時:土日祝日を除く
9時~18時まで

簡単Web登録

非公開求人も多数あり!登録はこちらから