よくあるご質問の解答詳細

Q30

病院薬剤師の仕事について教えてください

A30

病院薬剤師とは病院や診療所に勤務する薬剤師で、仕事内容は、調剤、服用説明、医薬品の管理と供給、品質管理などです。薬剤師の中でも、医師や看護師、患者などと多く関わることができるのが病院薬剤師です。

病院薬剤師の役割

病院薬剤師の役割は、医薬品のスペシャリストとして、チーム医療の一端を担うことです。現在の医療現場では、医師や看護師、栄養士など、それぞれの分野のプロがチームを組んで治療に当たるチーム医療体制がとられています。病院薬剤師はこのチームの一員として、医薬品に関わる分野を担うのです。

薬の調剤と服用説明

医師により発行された処方箋の内容に沿って、間違いのない調剤を行う責任があります。そして調剤した薬について、正しい服用量・服用方法を患者に伝達することも病院薬剤師の大切な業務です。病院薬剤師は、患者に近い距離で薬を提供していくことになりますので、よりサポートしているという強い実感が得られます。

注射薬の調剤

病院薬剤師の仕事の中には、注射薬の調剤があります。こちらも医師の処方箋の内容に基づいて、患者ごとの調剤を行うのが特徴です。内服薬より注射薬は効果が強いため、調剤には細心の注意が必要になります。そのため薬剤師は、患者の情報を担当の医師等に十分に確認してから注射薬の調剤を行う必要があります。

医薬品情報の管理や評価

医薬品の情報管理や評価も病院薬剤師の重要な業務です。医薬品を適切に使用していくためには、副作用やほかの医薬品との相互作用、服用量、服用方法といった情報を常に検証する必要があります。病院で集約された情報は厚生労働省へと報告され、各医療機関で共有される仕組みです。病院薬剤師が管理した情報や評価は、最終的には患者の健康や安全な薬の使用へとつながっていくのです。

このほかにも、病院薬剤師の仕事内容には、新薬の臨床試験などが存在します。臨床試験は治験と呼ばれ、新薬の候補が人に対して安全で効果があるのかを調べる最終的な確認です。この際に患者への確実な情報提供と、服用タイミング、量等の確認をし、間違いなく治験が行われるよう管理をする事が求められます。

一覧に戻る

0120-998-730
受付日時:土日祝日を除く
9時~18時まで

簡単Web登録

非公開求人も多数あり!登録はこちらから