よくあるご質問の解答詳細

Q46

食品メーカーで活躍する薬剤師もいますか?

A46

薬剤師の中には、食品メーカーで活躍する人もいます。食品メーカーでは、健康を促進する新しい食品やサプリメントの開発、食品の安全性の確認といった業務において、薬剤師の力が必要です。

食品メーカーでも薬剤師の専門知識が求められている

食品メーカーでも、医療や医薬品の高度な知識を備える薬剤師が求められています。これは、健康志向の高まりや、食の安全に対する意識の向上に伴い、よりよい商品開発が必要になったためです。薬剤師としてのスキルを生かして働ける場として、食品メーカーへの就職や転職を検討してみてはいかがでしょうか。

食品メーカーにおける薬剤師の仕事内容

食品メーカーで働く薬剤師の仕事は、主に使用する食物が安全か確認したり、食品添加物の分析や研究を行ったりすることです。そのほかにも、食品の品質管理をするために、味の研究を行うこともあります。いずれの仕事も、流通する食品の品質や安全性を保障する、責任の伴う仕事です。

薬剤師が食品メーカーで働くメリットとデメリット

薬剤師が食品メーカーで働くメリットは、様々な職種の人と一緒に仕事ができることです。さらに薬事に関する知識を生かすことができるので、やりがいにもつながります。また、自分が携わった食品が店舗で販売されることで、喜びや達成感が生まれるという点もメリットの1つです。

一方デメリットは、通常行う薬剤師の業務とは異なるため、調剤薬剤師としての経験を積めないということです。薬剤師が調剤の実務経験を積めないと、病院や調剤薬局に転職する際に、不利になる可能性があります。また勤務先の食品メーカーによっては、語学力など、薬剤師とは無関係の資格やスキルを求められるケースも少なくありません。

薬剤師としての将来像を考えることが大切

一口に薬剤師と言っても、医療機関と食品メーカーでは業務内容が大きく異なります。病院や調剤薬局から食品メーカーに転職する場合には、今まで培ってきた知識や技術を生かすことが可能です。食品メーカーへの就職や転職は、将来的にどのような薬剤師になりたいのかをよく考えてから決めましょう。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから