よくあるご質問の解答詳細

Q40

災害時に薬剤師にできることは何ですか?

A40

災害時に薬剤師にできることは、医師や看護師と連携し、被災地で医療活動に携わることです。過去に震災が起きた際は、日本薬剤師会による災害対策本部が立ち上げられ、多くの薬剤師が被災者支援活動を行いました。

被災地における薬剤師の役割

被災地における薬剤師の役割には、救援物資の医薬品の仕分け、被災者に必要な薬の調合、服薬説明、代替薬の指示、健康管理、避難所の公衆衛生の管理などが挙げられます。これらの活動は、薬に関する専門的な知識を持った薬剤師だからこそ可能なのです。

災害時は医療品の仕分けが重要

災害が起きた際に、薬剤師が行う活動の中で特に重要となるのは、医薬品の仕分けです。救援物資として医薬品が届いたとしても、それを正確に仕分けられる薬剤師がいなければ、避難所へ薬を届けることができません。また、現地の医薬品の状況を把握しておく必要もあるのです。医薬品の過不足を見極め、避難所になるべく効率よく供給することを心がけなければいけません。

薬剤師は医療チームの一員として重要

被災地では、薬剤師は医療チームの一員として医療活動にあたります。被災地の医師は、自らの専門外の患者にも対応しなければならず、使用する医薬品の選別が困難です。そのような事態においては、医療用医薬品と一般医薬品の両方に熟知した薬剤師が活躍します。薬剤師が医師に対して指示や助言を行うことで、医療品を適切に使用することができるのです。

災害時の薬剤師には処方箋医薬品の販売と授与が許可される

災害時には、薬剤師が医師に代わって、処方箋医薬品の販売や授与を行うことができます。ただし、医薬品の販売や授与は、患者が医師による診察を受けることが困難な場合、または処方箋の交付が困難な場合に限られます。

上記で紹介したほかにも、病気の感染予防や被災者の心のケアなど、災害時に薬剤師ができることはたくさんあります。万が一、非常事態が起こった際には、医療チームの一員として積極的に行動するよう心がけましょう。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから