よくあるご質問の解答詳細

Q35

薬剤師の転職で面接に受かるためのポイントは何ですか?

A35

薬剤師の転職で面接に受かるためのポイントは、ある程度予想される質問に対して、はっきり答えられるようにすることです。薬剤師としての経歴や今までの経験、考え方などを、面接担当者にしっかり伝え、よい印象を持ってもらえるようにしましょう。

薬剤師の面接で聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問内容として、応募の動機、転職や退職の理由、薬剤師になった理由などがあります。あらかじめ予想できる質問に対して事前に答えを準備し、面接本番では簡潔に分かりやすく答えるようにしましょう。

応募動機を明確に伝えよう

薬剤師として活躍できる場は、病院や薬局、ドラッグストアなど様々あります。無数にある病院や会社、薬局などの中から、なぜこの職場で働きたいと思ったのか、という明確な理由を伝える必要があるのです。そのためには、応募する企業や病院の情報を十分に調べて、自分なりの志望動機をアピールできるようにしておきましょう。キャリアカウンセラーがいる場合には、担当者から情報を仕入れておくこともおすすめです。

退職理由は伝え方に工夫しよう

転職や退職の理由が、相手にマイナスの印象を与えてしまう恐れがある場合、伝え方を工夫しましょう。伝え方を変えれば、前向きな姿勢と新しい職場にチャレンジしたいという意気込みをアピールしやすくなります。例えば、人間関係が理由で退職した場合、いきなりその本題から切り込むのは得策ではありません。まずは転職をプラスに考えていることを伝えてください。その後に本題である人間関係について触れるようにして、なるべくポジティブな印象になるように伝えましょう。

面接の基本であるコミュニケーションを意識しよう

面接の基本となる、コミュニケーションについても配慮が必要です。面接では、第一印象や最後の印象が相手に残りやすくなります。当たり前のことですが、挨拶をしっかりすることと、相手の話を聞く姿勢が大切です。薬剤師として知識やスキルがあっても、一緒に働きたいと思える人でなければ採用に至らないこともありますので、基本的なこともしっかり行いましょう。

またどんな面接であっても、正直であることと、清潔な身だしなみであることや明るい表情をすることは基本となります。これらを意識して、面接合格を目指しましょう。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから