よくあるご質問の解答詳細

Q23

派遣薬剤師にボーナスはありますか?

A23

派遣社員の場合、基本的にボーナスの支給はありません。

あらかじめ登録しておいた派遣元の会社から派遣先の会社の紹介があり、その派遣先で一定の期間を定めて雇用されるという働き方が、一般的な派遣社員としての働き方になります。派遣期間が終わると、雇用期間も終了となります。こうした派遣社員の形式を「登録型派遣」といい、これは「一般派遣」とも呼ばれています。この登録型派遣として働く場合、基本的にボーナスの支給はありません。

例えボーナスの支給があったとしても、支給額としては低いというのが実情です。その分派遣社員には、自分の時間が取りやすい、職場を変えやすい、正社員と比べて時給が高い場合があるなどのメリットがあります。ボーナスの支給が基本的には無い派遣社員ですが、そういったメリットに重きを置く方には魅力的な働き方になります。

一方で、派遣社員として働く際の形態によってはボーナスが出る場合もあります。一般派遣以外にも「特定派遣」と呼ばれる派遣社員がおり、これは「常用型派遣」とも呼ばれています。一般派遣と異なり、派遣元の社員として正規雇用され、別の仕事場へと派遣されて働くという働き方です。派遣期間が終了しても、雇用元は派遣会社のため、雇用期間は終了しません。そのため、特定派遣として働く場合は、雇用元である派遣会社の会社規定によって、ボーナスが支給される可能性があります。

以下では、登録型派遣における派遣社員の給与の仕組みをご紹介します。

一般派遣で働く社員に払われる給与は、派遣元の会社が派遣先の会社に請求する金額の中から払われます。派遣元が請求する金額は、あらかじめ派遣元と派遣先で設定した、派遣社員の労働単価×働いた時間分です。例えば1時間あたりの労働単価が2,000円であれば、100時間働くと2,000×100で20万円の請求が派遣元から派遣先に行くことになります。派遣先からすると、このようにシンプルな計算に基づいた金額を派遣元に支払う仕組みは、派遣社員を導入する大きなメリットとなっています。正社員のような、交通費、社会保険料、ボーナスなどに細分化された形態ではないため、お金の流れが分かりやすく導入しやすいのです。

派遣社員の給与は、このような仕組みによって成り立っているため、基本的にボーナスという考え方はありません。もしもボーナスを重視するのであれば、就職の形として正社員、特定派遣、紹介予定派遣などを選んでみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから