薬剤師の転職は厳しさを増しています

求職側優位の転職業界は一転、厳しさを増しています。転職成功のポイントは“採用者目線”です。

登録販売者制度の導入や6年制薬剤師の採用で、今まで売り手市場と言われていた薬剤師業界も、求人側と求職側の立場の逆転が起こりつつあります。実際、高条件の求人には複数の応募があり、その中から求人側が選択するというケースも多く見られます。6年制薬剤師がキャリアを積み、転職を考えるようになってきて、薬剤師の転職はより厳しくなることが予想されます。

採用者の立場で考えれば、求められる人材は見えてくる

あなたが採用する立場だとしたら、どんな薬剤師が理想的だと思いますか?

転職は自分のキャリアについて見つめ直す作業からスタートしますが、その仕上げとして「採用者の立場」で転職について考えてみましょう。
雇用主のニーズとしてよく耳にするのは以下のような人材です。

  • 周りのスタッフにも気配りをしながら、協力して仕事ができる人
  • あいさつや笑顔が気持ちの良い、コミュニケーション能力のある人
  • 自分の成果だけでなく、店舗全体の成果について考えられる人

いかがですか?スキルなどの諸条件以外で採用の決め手となるのはやはり“人”のようです。
人気の職場は明るく雰囲気も良く、あらゆる面で好循環が生まれているのを感じます。そうした職場からの募集は人気が高く、最終的には面接での印象が大きく左右します。理想の職場で働けることは代えがたい幸せです。
現在就業中の方は、ぜひ日頃から相手の目線で考えて過ごしてみてください。転職時の面接に大きく役立つことでしょう。

重要なのはコミュニケーションスキル

薬剤師という仕事柄、一緒に働くスタッフや患者さんとのコミュニケーションは不可欠です。

採用側が求めるコミュニケーションスキルの高い人材というのはどういう人でしょう?
まず患者さんへのあいさつや笑顔が自然に出て、相手の目線で考えて伝えられているか。
職場では、他のスタッフと協力できているか。
自分の利益だけを考えることなく、店舗や会社全体のことを考えられるか。
将来的にどんどん変化していくであろう医療業界で、その時その時の状況に柔軟に対応できるか。
薬剤師という免許と技術が必要な職業であっても、採用者が最も重要視するのはこうした人間性の面です。技術的キャリアの棚卸だけでなく、自分の人間性と向き合うことが転職成功の秘訣です。

面接時のアドバイス
  • これまでの職務経歴と前職を辞めた理由

    事前に提出してある履歴書の中に、勤続期間の短い職場があると、特にその理由を聞かれることもあります。複数の職場を経験している人にも、それはどうしてなのだろうか?と採用者は疑問を持つはずです。それぞれにしっかりとした退職の理由があり、転職した理由があることをきちんとまとめて伝えることが出来れば、勤続期間の短さや、複数の職場経験はあまり問題になりません。
    できるだけ長く働いてもらえる人材をと考えている採用者側にとって、1カ所で長い、短いということも大切な要素ではありますが、それよりも今までの全体の経緯が重要視されます。

  • 今回の転職理由(休職中であれば復帰の理由)

    前職の不満からということもひとつの理由でしょうが、同様のことがあれば辞められてしまうのだろうかと思われてしまいます。前の職場のことを引きずらずに、素直に新しい環境に対応していく気持ちを持つことが大切です。キャリアアップなど前向きな理由を用意しておきましょう。将来、自分が何をしたいかを上手く説明できないと不採用ということにもなりかねません。
    さらには、会社が在宅医療に取り組めば、それに対応していくつもりですというような、刻々と変化する医療の状況にも対応できる柔軟な姿勢もアピールしたいものです。

  • 自分の主張も相手の視点で

    子育て中の女性に多いことですが、「子どもが病気の時は出られません」「学校行事の時はお休みをいただきます」などはっきりと主張なさる人がいます。主張は大切なことですが、自分の希望に全て合わせてもらうスタンスではなく、採用側のリスクを最小限に抑える姿勢を見せることも大切です。事前にご家族との協力体制なども検討してみて、そのことを踏まえて「どうしてもの時がある」というような伝え方をしてみてください。

  • 面接時の服装

    社会人としてのコミュニケーション能力や協調性が重要視されることから、場にあった服装が望まれます。男女ともスーツを着用し、薬剤師らしく清潔感のある髪型で臨みましょう。