薬剤師のいろんな働き方|薬剤師転職・派遣のファーマリンク【神奈川・東京・埼玉・千葉】

薬剤師のいろんな働き方

  • Q1

    調剤薬局における薬剤師

    薬局薬剤師の仕事は、処方箋に沿った調剤や患者への服薬指導、薬の情報管理です。そのどれもが、薬局薬剤師としての基本的な業務となります。

    薬局薬剤師の役割
    薬局薬剤師は、薬局に勤務して患者の医薬品の調合や服薬指導などを行います。薬局で働く薬剤師のほとんどは、保険薬局で働くことになります。この保険薬局とは、保険が適用される医師の処方箋に従い、調剤業務を行う薬局のことです。

    処方箋に沿った薬剤の調剤
    薬局薬剤師の業務として大半を占めるのは、医師の処方箋に応じた調剤です。医師から発行された処方箋に従い、医薬品を混合したり、患者が摂取しやすいように細かく砕いたりします。また患者が飲みやすいように梱包を分けるのも薬局薬剤師の仕事となります。他にも発行された処方箋の内容に疑義があった場合は医師に問い合わせ、間違いのない医薬品を患者に渡すように常に気を配る必要があります。

    患者への服薬指導
    調剤したものを患者に渡し、その薬の服薬方法を指導するのも、薬局薬剤師の大切な仕事です。薬ごとに服用方法や最適な保存方法が異なるため、患者に正確な情報を伝える必要があります。患者とコミュニケーションを取りながら、服用のタイミング、他の薬との飲み合わせなどを分かりやすく説明します。また、薬の効果や副作用に関して患者から情報を集め、医師にフィードバックをすることも薬局薬剤師の業務です。場合によっては、介護施設などに出向いて医薬品を届け、服薬指導をすることもあります。

    薬歴情報の管理や在庫管理
    患者に処方する薬の情報を管理することも、薬局薬剤師の役割です。患者ごとに処方された薬の量、期間といった情報を管理し、きちんと飲めているか?残薬はないか?等の確認をし、必要に応じ指導をします。また在庫の整理や、不足が起きないように発注する事なども大切な業務の一つです。

    これからの薬局薬剤師
    今までは上記のような処方箋に応じた調剤業務、指導業務が主でしたが、これからは患者宅へ赴き服薬指導や残薬の確認及び対応を行ったり、地域で主に薬剤師会等により行われている予防、健康維持等に関するイベントへ参加をする等、薬局の外での活動も求められてきます。病気の治療に関することだけでなく地域の健康を維持向上させるための知識をも習得することで、薬局薬剤師が活躍できるフィールドはどんどん広がっています。

    - 閉じる

  • Q1

    ドラッグストアにおける薬剤師

    ドラッグストアで働く薬剤師は、調剤室を併設するドラッグストアか、調剤室が併設でないドラッグストアかで、仕事内容が異なります。ドラッグストアの薬剤師として転職する際には、店舗の環境や規模を十分に調べてから行うようにしましょう。

    調剤室が併設されているドラッグストアの仕事
    調剤室を併設するドラッグストアの主な業務は、薬局薬剤師と同じように患者の処方箋に基づいて調剤し、服薬指導を行うことです。医薬品の在庫管理や発注業務のほか、患者の薬剤服用歴を記録することも仕事に含まれます。その他に一類医薬品の販売のみを行うところもあります。

    調剤室を併設するドラッグストアでは、基本的に薬剤師がレジ打ちや品出しなどを行うことはありません。ただし店舗によっては、そういった業務も行うところもあるため、面接の際や会社の説明会などで事前に業務内容について確認しておきましょう。薬剤師であっても、ドラッグストアスタッフの一人として働くので、臨機応変に対応できることが望ましいのです。

    調剤室が併設でないドラッグストアの仕事
    調剤室が併設でないドラッグストアの主な業務は、一般用医薬品(市販薬)の中から、患者に合ったものを見極め、販売することです。これに加えてレジ打ちや品出し、陳列、店内清掃といった店内業務を任されることも少なくありません。場合によっては、店内で扱う商品や一般医薬品のPOP作成やレイアウトの提案を任されることもあります。他にも、薬剤師としての知識とともに、医薬品の効果を解りやすく伝える能力や、接客スキルが求められます。

    ドラッグストアでは一般医薬品の知識が必須
    ドラッグスストアで販売される一般用医薬品(第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品)のことを、OTC医薬品といいます。OTC医薬品の特徴は、利便性が高いことです。うがい薬、総合風邪薬、頭痛薬など、生活者の必要に応じて、ドラッグストアや薬局で直接購入できるようになっています。最近ではサプリメント等の需要も増えてきているので、ドラッグストアで働く薬剤師は、患者の相談に応えられるようにOTC医薬品の成分やサプリメント等についても熟知しておく必要があります。

    - 閉じる

  • Q1

    病院における薬剤師

    病"病院薬剤師とは病院や診療所に勤務する薬剤師で、仕事内容は、調剤、服用説明、医薬品の管理と供給、品質管理などです。薬剤師の中でも、医師や看護師、患者などと多く関わることができるのが病院薬剤師です。

    病院薬剤師の役割
    病院薬剤師の役割は、医薬品のスペシャリストとして、チーム医療の一端を担うことです。現在の医療現場では、医師や看護師、栄養士など、それぞれの分野のプロがチームを組んで治療に当たるチーム医療体制がとられています。病院薬剤師はこのチームの一員として、医薬品に関わる分野を担うのです。

    薬の調剤と服用説明
    医師により発行された処方箋の内容に沿って、間違いのない調剤を行う責任があります。そして調剤した薬について、正しい服用量・服用方法を患者に伝達することも病院薬剤師の大切な業務です。病院薬剤師は、患者に近い距離で薬を提供していくことになりますので、よりサポートしているという強い実感が得られます。

    注射薬の調剤
    病院薬剤師の仕事の中には、注射薬の調剤があります。こちらも医師の処方箋の内容に基づいて、患者ごとの調剤を行うのが特徴です。内服薬より注射薬は効果が強いため、調剤には細心の注意が必要になります。そのため薬剤師は、患者の情報を担当の医師等に十分に確認してから注射薬の調剤を行う必要があります。

    医薬品情報の管理や評価
    医薬品の情報管理や評価も病院薬剤師の重要な業務です。医薬品を適切に使用していくためには、副作用やほかの医薬品との相互作用、服用量、服用方法といった情報を常に検証する必要があります。病院で集約された情報は厚生労働省へと報告され、各医療機関で共有される仕組みです。病院薬剤師が管理した情報や評価は、最終的には患者の健康や安全な薬の使用へとつながっていくのです。

    このほかにも、病院薬剤師の仕事内容には、新薬の臨床試験などが存在します。臨床試験は治験と呼ばれ、新薬の候補が人に対して安全で効果があるのかを調べる最終的な確認です。この際に患者への確実な情報提供と、服用タイミング、量等の確認をし、間違いなく治験が行われるよう管理をする事が求められます。"

    - 閉じる

  • Q1

    漢方薬局における薬剤師

    漢方薬局での薬剤師の仕事は、カウンセリング、調剤、服薬指導などが挙げられます。カウンセリングから得られた患者の状態をもとに適切な調剤を行い、出来上がった漢方薬を患者に手渡すことが、主な仕事の流れです。

    漢方薬局の薬剤師はカウンセリングが重要
    漢方薬局の薬剤師が行う業務の中でも、カウンセリングはとても重要です。患者に合った漢方薬を作るために、まずは患者の現在の症状や、生活習慣を含む日常生活などを聞き、不調の原因を見つけなければなりません。そのため薬剤師は、漢方薬の知識とともに、コミュニケーション能力が求められます。カウンセリングを行う中で、いかに患者から悩みを引き出せるかがポイントになるのです。

    漢方薬局の薬剤師が行う調剤や服薬指導
    カウンセリングの次は、調剤を行います。通常の薬局で漢方薬を調合する際は、「エキス剤」と呼ばれる粉末の薬を用いますが、漢方薬局では、植物の根や葉といった生薬を調合し、「煎じ薬」を作ることもあります。さらに、できあがった漢方薬の効果や飲み方を患者に説明する「服薬指導」も、漢方薬局で働く薬剤師の大切な役目です。

    場合に応じて行う必要がある薬剤師の仕事
    漢方専門の薬局であっても、業務で化粧品や健康食品などを取り扱うことがあります。そのため、店舗によっては、こういった商品に関する周辺知識も必須です。また、個人経営の薬局として独立をした場合は、薬局の経営も仕事の1つになります。

    漢方薬局の仕事に役立つ資格
    漢方薬局の薬剤師として役立つ資格に、漢方薬・生薬認定薬剤師資格があります。これは、漢方薬や生薬に関する専門的な知識や能力を証明する資格です。この、高度なスキルを証明する漢方薬・生薬認定薬剤師に認定されることで、自信をもって薬剤師の業務に取り組むことができるでしょう。さらに、患者や医療従事者に対して、薬剤師としての知識や能力をアピールできることも利点の1つです。

    近年、医療現場では漢方薬への関心が年々高まっています。今後の需要を考え、漢方薬のスペシャリストである漢方薬局の薬剤師を、目指してみてはいかがでしょうか。

    - 閉じる

  • Q1

    介護現場における薬剤師

    薬剤師は、病院や薬局などの医療機関だけでなく、介護現場でも活躍することが可能です。薬剤師が介護施設や在宅介護などの現場で働くためには、一人ひとりの患者に合わせた服薬支援のスキルが求められます。

    介護現場での活躍が期待されている薬剤師
    介護現場では、高齢者の増加に伴い、服薬支援や薬剤管理などを行える薬剤師の活躍が期待されています。日本では、年々65歳以上の高齢者人口の割合が増加しています。その比率は今後も増えていく見込みです。

    要介護者向けに配薬をするサービスが増えている
    介護施設では、医薬品が必要になった際に、職員が薬局まで薬を受け取りに行くのが主流でした。在宅介護においても、家族や介助者が薬局へ赴くのが一般的です。しかし近年では、職員や家族の負担を減らすために、薬剤師が介護施設や自宅に訪問し、配薬をするサービスが増えています。こういった介護サービスが普及し始めたことで、介護現場に関わる薬剤師の需要も高まっています。

    介護現場における薬剤師の役割は服薬支援や薬剤管理
    介護施設で求められる薬剤師の役割には、服薬支援や薬剤管理などが挙げられます。服薬支援とは、患者が薬を適切に服用できるようサポートを行うことです。患者が服用しやすいように、調剤方法や包装を工夫しながら、薬剤を管理することも重要な業務です。また、薬の飲み間違いや残薬が多い場合は、患者や介助者へ服薬指導を行います。

    介護施設の薬剤師が持っていると役立つ資格
    薬剤師が介護施設で働く場合、ケアマネジャーの資格を持っていると業務に役立ちます。これは、ケアマネジャーの資格を持っていると、介護現場のリーダーとしてあらゆる指示や管理ができるためです。ケアマネジャーの資格試験を受けるには様々な条件がありますが、薬剤師であれば、薬局や病院での実務経験があれば受験資格を得られます。薬剤師として介護施設で働きたいと思っている人は、取得を考えてみてはいかがでしょうか。

    現在は在宅介護や在宅療養の充実が求められており、薬剤師が活躍できる介護の現場は拡大しています。介護に興味のある薬剤師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

    - 閉じる

  • Q1

    研究職における薬剤師

    薬剤師は、研究職でもその資格を活かすことが可能です。ただし、求人数や倍率などの点から、薬剤師が研究職を目指す難易度は高くなっています。

    薬剤師が研究職として活躍できる職場
    薬剤師が研究職として活躍できる職場は、製薬会社、化学メーカー、食品メーカー、化粧品メーカーなどです。各職場によって、研究するテーマも開発する商品も異なります。薬剤師が研究職に就職や転職をする際には、十分に業種の違いを理解しておきましょう。

    このほかにも、薬剤師免許が有利になる職場として、大学の臨床系の実務家教員があります。実務家教員とは、特定分野で高い実績を残した専門家を、教授や準教授として迎え入れた教員のことです。実務家教員として採用されれば、自分の好きな研究ができます。どうしてもやりたい研究があるという人は、目指してみてはいかがでしょうか。

    薬剤師から研究職になるのは難易度が高い
    薬剤師が研究職を目指すのは、難易度が高いのが現状です。そもそも研究職の求人は数が少ないうえに、薬学部以外の理系学部からも人気があります。そのため研究職は、求人倍率が非常に高くなるのです。また研究職の採用では、修士号の取得が最低条件であることが一般的です。加えて、研究職に転職する場合は、前職での研究職としての実績も求められます。

    このような理由から、薬剤師が研究職に就くことは、狭き門となっているのです。就職活動や転職活動を行う際は、相当の実力と覚悟が必要です。

    研究職となるメリットとデメリット
    薬剤師が研究職で働くメリットは、成果によって調剤薬局や病院よりも年収が高くなることです。一方デメリットは、新薬の開発や研究などにより、拘束時間が長いといったことが挙げられます。研究職は人気の高い仕事ではあるものの、薬剤師であれば誰でもなれるというものではありません。以上のことから、研究職が、自分に合っているかということも踏まえて、就職や転職を考えるようにしてください。

    - 閉じる

  • Q1

    食品メーカーにおける薬剤師

    薬剤師の中には、食品メーカーで活躍する人もいます。食品メーカーでは、健康を促進する新しい食品やサプリメントの開発、食品の安全性の確認といった業務において、薬剤師の力が必要です。

    食品メーカーでも薬剤師の専門知識が求められている
    食品メーカーでも、医療や医薬品の高度な知識を備える薬剤師が求められています。これは、健康志向の高まりや、食の安全に対する意識の向上に伴い、よりよい商品開発が必要になったためです。薬剤師としてのスキルを生かして働ける場として、食品メーカーへの就職や転職を検討してみてはいかがでしょうか。

    食品メーカーにおける薬剤師の仕事内容
    食品メーカーで働く薬剤師の仕事は、主に使用する食物が安全か確認したり、食品添加物の分析や研究を行ったりすることです。そのほかにも、食品の品質管理をするために、味の研究を行うこともあります。いずれの仕事も、流通する食品の品質や安全性を保障する、責任の伴う仕事です。

    薬剤師が食品メーカーで働くメリットとデメリット
    薬剤師が食品メーカーで働くメリットは、様々な職種の人と一緒に仕事ができることです。さらに薬事に関する知識を生かすことができるので、やりがいにもつながります。また、自分が携わった食品が店舗で販売されることで、喜びや達成感が生まれるという点もメリットの1つです。

    一方デメリットは、通常行う薬剤師の業務とは異なるため、調剤薬剤師としての経験を積めないということです。薬剤師が調剤の実務経験を積めないと、病院や調剤薬局に転職する際に、不利になる可能性があります。また勤務先の食品メーカーによっては、語学力など、薬剤師とは無関係の資格やスキルを求められるケースも少なくありません。

    薬剤師としての将来像を考えることが大切
    一口に薬剤師と言っても、医療機関と食品メーカーでは業務内容が大きく異なります。病院や調剤薬局から食品メーカーに転職する場合には、今まで培ってきた知識や技術を生かすことが可能です。食品メーカーへの就職や転職は、将来的にどのような薬剤師になりたいのかをよく考えてから決めましょう。"

    - 閉じる

  • Q1

    製薬会社における薬剤師

    製薬会社で働く薬剤師の仕事は、主に医療機関で使われる薬を開発・製造することです。さらに、医療機関に対して製造した薬の情報提供を行ったり、必要とされる薬の情報収集をしたりすることも、製薬会社における薬剤師の仕事です。

    製薬会社で働く薬剤師の仕事内容
    製薬会社で働く薬剤師は、新しい薬の研究や開発、自社製品の情報提供などを行います。これらの仕事は、処方箋をもとに調剤を行う病院や薬局の仕事とは大きく異なるものとなっています。

    新しい薬の研究や開発
    新しい薬の研究や開発は、製薬会社で働く薬剤師にとって花形業務の1つです。製薬会社の研究室では、新薬開発のための研究、データ収集のための非臨床実験、製薬のための技術研究など様々な研究を行います。1つの新薬が完成するまでには、膨大な時間がかかるため、長期的な視点を持てる人に向いた仕事と言えます。

    自社製品に関する情報を提供するMR薬剤師が製薬会社で働く場合、MR(Medical Representative)職に就くこともあります。MRとは、医療情報担当者のことで、病院や調剤薬局に出向き、自社で開発・製造した医薬品に関する情報を提供するのが業務です。加えて、現場の要望やクレームなどをくみ取るといった情報収集も、MRが担う役割の1つです。

    製薬会社での勤務について
    製薬会社に勤務するメリットには、病院や薬局勤務の薬剤師と比べて給与水準が高く、待遇がいいということが挙げられます。また、製薬会社の多くは、土日祝日が休みで、産休や育休といった福利厚生もしっかりしているのが特徴です。

    製薬会社への就職や転職は、とても難易度が高くなっています。製薬会社の研究・開発職では、求人への応募条件として、修士課程修了以上を求められることがあります。加えて、競争倍率も高いため、ハードルが高くなっているのです。

    製薬会社と一口にいっても、仕事内容は様々です。上記で紹介したことを参考に、製薬会社の転職の際にお役立てください。

    - 閉じる

  • Q1

    学校薬剤師

    学校保健安全法の定めにより、大学を除いた国立・公立・私立の学校すべてに一人ずつ委任委嘱されている薬剤師が学校薬剤師です。学校薬剤師は非常勤のため、掛け持ちで働く薬剤師も多くいます。ただし学校を訪れて働くのは日中なので、薬局などの勤務薬剤師では時間的制約から難しく、個人薬局の経営者である薬剤師のような、比較的時間に融通の利く薬剤師が担当するのが一般的です。

    学校薬剤師の仕事は学校保健安全法施行規則第24条で以下のように規定されています。

    学校保健計画および学校安全計画の立案への参加
    環境衛生検査
    学校の環境衛生の維持・改善のための、必要な指導や助言
    健康相談および保健指導
    学校で使用する医薬品、毒物、劇物、用具、材料の管理に関する指導や助言
    学校における保健管理に関する事項への従事

    具体的には、保健室や理科室の薬品点検、ごみの処理、トイレの衛生管理、ネズミ・害虫の駆除、机・いすの整備、教室などの換気・保湿・採光・証明・騒音環境の調査管理、未成年喫煙や薬物乱用の防止教育、学校プールの検査・整備、学校給食の衛生管理、飲料水や雑用水の水質および施設の検査・整備、学校保健委員会への参加、児童生徒の心身の健康に関する健康相談・保健指導などがあります。

    原則として薬剤師の資格を持っていれば、学校の設置者により任命されることで学校薬剤師になることができます。それぞれの地域ごとに学校薬剤師会が組織されていて、教育委員会などと連携を保ちながら児童生徒の学校健康教育を行っています。学校薬剤師になりたい場合は、各地区町村の学校薬剤師会に所属し、常に新しい情報を入手しながら、学校薬剤師会の推薦を待つ形になります。

    また学校薬剤師は「学校環境衛生基準」に基づいて、学校に対してアドバイスや検査をする必要があるため、薬学以外の学校環境についての専門的な知識や、それを保全するための技術、検査のための器具の使い方などを勉強する必要があります。同時に児童生徒への助言も求められているため、人を教育するのに相応しい人間性、教育への正しい理解も必要となります。

    - 閉じる

  • Q1

    出向薬剤師

    出向薬剤師は、医薬品卸会社などの企業に在籍しながら得意先の医療機関や調剤薬局へ定められた期間出向し、調剤業務や服薬指導などを行います。出向薬剤師の働き方は一般の薬剤師とは異なります。出向薬剤師には、所属する会社ではなく出向先で働く、出向期間が決まっている、などの特徴があり、これらは決められた契約期間で派遣される派遣薬剤師と似ているように思えますが、基本的に勤務日や休日は所属会社の規則に従うため、もしも出向先が休みであっても、所属する会社に出社して働くことになります。

    出向薬剤師のメリットとして、ひとつの勤務地で働き続けるというスタイルではないため、様々な現場で働く機会を得ることができることが挙げられます。それぞれの出向先での経験は、ひとつの場所で働く薬剤師には得ることのできない良い機会となります。他にも、出向先が変わるたびに新たな交流が生まれるため、仲間が増えやすく薬剤師や医療関係者との人脈を広げることができます。

    また会社によっては、定期的に自社の出向薬剤師を集めて研修会を設けています。所属会社へは行かず直接出向先へ向かう出向薬剤師は、そのような機会に知識を得るだけでなく、他の出向薬剤師や社内の同僚と交流を深めることができます。これは仕事に対する多角的な視野を持つきっかけともなり、薬剤師としてさらなるスキルアップを望むことができます。

    逆に出向薬剤師のデメリットは、出向先で経験を重ねることができる一方、先々で違った環境に対応しなければならない苦労がある点です。コミュニケーション能力はもちろん、新たな業務への柔軟さ、常に新しい環境になじむための順応力も求められます。もちろん、通常の社会人にとって必要な能力でもありますが、数多くの職場を経験する出向薬剤師にはとくに必要とされます。

    デメリットとしてもう1点挙げられるのが、長期的な視点で業務を行うことが困難であることです。出向は期間が決められており、1ヶ月単位での出向となることもあり比較的短い期間であることが多くなります。例えばお客様へのフォローや業務改善などは、出向先に知見を伝えることで解決する必要が出てくるでしょう。

    出向薬剤師としてより良く働くには、個々が持つ適正が大きくかかわってきます。メリット・デメリットを見極めて、薬剤師としてどのように働きたいかを熟考することが必要です。

    - 閉じる

  • Q1

    公務員として働く薬剤師

    公務員として働く薬剤師は存在します。公務員の中には薬剤師の技能が必要とされている職があり、国家公務員と地方公務員に大別することができます。そうした公務員の仕事の中からいくつかをご紹介します。

    薬剤師が国家公務員として働く場合、厚生労働省や農林水産省など国の省庁において、国家の薬事行政に携わることとなります。省庁の採用試験では、高度な化学・薬学・生物の知識が求められるため、薬学部を卒業している薬剤師は有利になるといえます。

    他にも薬物犯罪の捜査や正規麻薬の管理を行う麻薬取締官、輸入食品の安全監視・指導を行う食品衛生監視員も、薬剤師の資格を活かして就くことのできる国家公務員です。麻薬取締官を目指す人は、薬剤師の資格を持っていれば筆記試験が免除されます。食品衛生監視員の場合は、薬剤師免許の保有が受験資格となり、人事院の行う専門職試験に合格することで採用となります。

    薬剤師が地方公務員として働く場合、保健所から立ち入り検査を行う薬局・製薬会社などへ出向き、現場で行政の窓口として仕事を行うことになります。他にも衛生研究所や県立病院、消費者センターなどで働くということもあります。

    地方公務員を目指す場合は、都道府県や政令指定都市などの人事委員会が行う公務員試験に合格することが必要です。この公務員試験は、基本的に1次試験と2次試験に分かれています。1次試験では、教養試験や専門的な試験を行い、2次試験では、個人面接や集団面接、論文試験などを行います。特に、2次試験における面接は重要視される傾向にあります。これは地方行政で採用され働くうえで、地域住民と接する機会が多くなることからコミュニケーション能力が必要とされるためです。公務員には年齢制限があるので受験する地域の情報は事前にしっかりと確認しておく必要があります。公務員試験に合格後、薬剤師の資格を持っていれば公務員薬剤師として配属される可能性があります。

    また都立や県立の病院における調剤を行う薬剤師は、資格を持った人を対象に公務員試験とは別に募集をするところも多いですが、これも地方公務員として働くひとつの方法といえます。

    薬剤師資格が必要となるような公務員は、公務員の中でも特別職なので、部門によっては募集しない年もあります。しかし、薬学を活かして様々な仕事に挑戦できる環境や、民間企業では得られない安定性など魅力の多い仕事なので、気になる人は募集に目を光らせておくと良いでしょう。

    - 閉じる

  • Q1

    臨床薬剤師

    臨床薬剤師の仕事は、主に患者に合った薬の量やタイミングなどを設計し、そこからどんな効果が期待できるかを予測して医師に提案することです。臨床薬剤師は、病院内でも重要な位置付けにあり、医薬品のスペシャリストとして活躍することができます。

    臨床薬剤師とはアメリカで新しく誕生した薬剤師の働き方
    臨床薬剤師とは、医療先進国であるアメリカで誕生した新しい薬剤師の働き方の1つです。アメリカでは、薬学教育に力を入れており、臨床薬剤師は高度な専門知識を持っています。そのため患者や医師、看護師からの信頼も厚く、医療スタッフとしても重要な立場となっているのです。臨床薬剤師が果たすべき役割の例として、従来の薬剤師よりも一歩踏み込んだ薬剤管理業が挙げられます。

    アメリカのクリニカルファーマシストは医療機関に所属し、時には患者に処方箋を作成することもあります。一方日本ではまだ臨床薬剤師という仕事自体の歴史が長くないことから、業務内容が明確になっていません。実際には、病院薬剤師の仕事とさほど変わりないのが現状です。しかし、医薬分業化がこの先も進むことを鑑みると、臨床薬剤師の役割が明確、重要になっていくことは間違いないでしょう。本来の臨床薬剤師が果たすべき役割の例として、従来の薬剤師よりも一歩踏み込んだ薬剤管理業が挙げられます。大きく分けた3つの業務を以下で具体的にご紹介します。

    患者が服用している医薬品の情報管理
    患者が服用する薬の履歴管理、いわゆる薬歴管理も臨床薬剤師の主な仕事の1つです。個々の患者にどんな薬を投与しているのか、効き目はあったのか、といったデータを記録簿にて管理します。データを記録することで、患者へのアドバイスに利用したり、それぞれの患者に合った新たな治療に利用することができるのです。また、服用後の経過で副作用が現れれば、今後の安全な投薬に活かすデータとして管理する必要があります。患者との対話から経過や薬の効き目を知ることもありますので、コミュニケーション能力が求められる業務です。

    医薬品の効果予測・投与設計
    臨床薬剤師には、性別や年齢、体格といった情報や様々なデータをもとに、投薬によって現れる効果を予測する仕事があります。個々の患者に対し、もっとも大きい効果が期待できる投薬タイミングを見定め、医師に提案するのも臨床薬剤師が担う役割の1つひとつです。そのため臨床薬剤師には、患者一人ひとりに対応できるよう、あらゆる薬について深い知識が必要となります。

    正しい服薬法の指導
    患者に処方薬を正しく服用してもらうために、服薬指導を行うことも、臨床薬剤師の業務になります。医薬品の専門家という立場から、服用量、服用のタイミング、また、服用そのものの意義といったことを患者に理路整然と説明する必要があるのです。臨床薬剤師の対応する患者には、小児から高齢者まで幅広い年齢層の人がいます。そのため臨床薬剤師には、それぞれに対応できるコミュニケーション能力も求められます。

    日本の臨床薬剤師は、歴史が浅いため役割が不明確なことは否めません。しかし、今後は役割が明確化され、アメリカと同様に重要な立場になっていく可能性が十分にあります。

    - 閉じる

  • Q1

    専門薬剤師

    専門薬剤師になるには、各認定機関が定める条件をクリアする必要があります。基本的には、各専門領域における高度な知識や技術が必須です。さらに、実務経験や実績を評価されて、初めて専門薬剤師と認定されるのが一般的です。

    専門薬剤師になるには認定薬剤師になる必要がある
    専門薬剤師になるためには、各認定機関によって定められた様々な条件をクリアする必要があります。ここでは、日本病院薬剤師会を例に説明していきます。日本病院薬剤師会が認定する「感染制御専門薬剤師」や「精神科専門薬剤師」になるには、まず各分野の認定薬剤師の資格が必要です。認定薬剤師資格とは、その分野における薬物治療の実際的な能力を証明するもので、薬剤師として5年以上の実務経験や、3ヶ月以上の研修、認定試験への合格が必要になります。認定薬剤師の資格を取得した上で、論文作成、学会発表などの研究業績が認定機関から評価されることで、専門薬剤師になれるのです。

    また、専門薬剤師の資格には有効期限があります。基本的には、認定から数えて5年です。資格を更新するには、研修を受け続けなければなりません。以上のことから、専門薬剤師になることは、非常にハードルが高いものとなっているのです。

    専門薬剤師は複数の機関が認定を行っている
    専門薬剤師を認定するのは、日本病院薬剤師会や日本医療薬学会をはじめとする、複数の機関です。主な専門薬剤師としては、日本病院薬剤師会が認定する「精神科専門薬剤師」「HIV感染症専門薬剤師」「妊婦・授乳婦専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」、日本医療薬学会が認定する「がん専門薬剤師」などがあります。また認定薬剤師の認定は、ここに挙げた以外にも、様々な学会や団体で行われています。

    チーム医療の重要な役割を担う専門薬剤師
    専門薬剤師の役割は、医師や看護師とともに医療チームの一員として働き、患者に対し最善の治療を提供することです。近年は医学や薬学の進歩によって、新たな薬剤が登場しています。時代とともに変化していく医療現場では、専門領域での最新の知識や技術に対応できる薬剤師が求められているのです。

    このように専門薬剤師への道のりは、非常に厳しいものとなっています。ただし、専門薬剤師になることで、医療現場でより活躍することができるのです。スキルアップを目指すのであれば、専門薬剤師の認定にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    - 閉じる

  • Q1

    在宅訪問薬剤師

    在宅訪問薬剤師の仕事は、主に患者の家に訪問して服薬指導や薬剤管理を行うことです。

    在宅医療で求められる在宅訪問薬剤師
    在宅訪問薬剤師とは、病気や高齢により、家からの外出が難しい患者の自宅に訪問し、在宅医療のサポートを行う薬剤師のことです。訪問薬剤師がいることで、普段病院に出向くことが難しい患者に対し、薬に関する悩みや疑問に応えることができます。さらに、在宅医療を受けている患者やその家族の負担・不安を和らげることが目的です。

    在宅訪問薬剤師の仕事内容
    在宅訪問薬剤師の主な仕事内容は、服薬指導、薬剤管理、医師やケアマネジャーとの連携などです。それぞれ以下に紹介します。

    服薬指導
    在宅訪問薬剤師の仕事として最も重要なのは、患者の自宅で行う服薬指導です。担当の患者に対して、薬の飲み方や効果、副作用などをわかりやすく説明します。そのため在宅訪問薬剤師には、薬に関する適切な知識や技術に加えて、コミュニケーション能力が必須です。

    薬剤管理
    患者の薬を管理することも在宅訪問薬剤師の仕事です。患者の服用履歴を常に記録し、飲み残しがないか確認します。患者によっては、複数の薬を服用することもあります。1回で服用する薬を小分けにし、「お薬カレンダー」や「配膳ボックス」に入れて整理するなど、誤飲や飲み忘れがないようにサポートすることも仕事の一環です。

    医師やケアマネジャーとの連携
    在宅訪問薬剤師は、患者が安心して在宅医療を受けられるよう、医師やケアマネジャーと連携して仕事を行います。患者のもとを訪れた際は、薬の効果や副作用を確認し、医師やケアマネジャーと情報を共有します。また、患者の体調や生活状況を確認したり、家族にヒアリングしたりすることも仕事の1つです。患者の状況を正確に把握することで、より適切な処方への変更を医師に提案するなど、在宅医療の質の向上につなげることができるのです。

    このように在宅訪問薬剤師は、在宅医療における重要な役割を担っています。在宅訪問薬剤師のニーズは、今後さらに高くなると予想されています。

    - 閉じる

  • Q1

    救急認定薬剤師

    救急認定薬剤師とは、救急治療における薬物療法の高度な知識や技術を身につけた薬剤師のことです。救急認定薬剤師に認定されるためには、薬物療法の知識や技術に加えて、救急治療の実務経験などが必須となります。

    救急認定薬剤師制度の目的
    救急認定薬剤師の認定制度は、救急治療に関わる薬剤師の知識や技術を認定し、患者に対して最適な薬物療法を提供することを目的に創立された制度です。平成23年に、第1回目の救急認定薬剤師認定審査が行われ、初めて27名が救急認定薬剤師として認定されました。その後も毎年、認定審査が行われ、新たに救急認定薬剤師に認定される薬剤師は増えています。

    救急認定薬剤師が必要とされる場所
    救急認定薬剤師が必要とされる場所は、救命救急センターやICU(集中治療室)などが挙げられます。いずれも、緊急性の高い医療提供が求められる現場です。

    救急認定薬剤師の仕事内容
    救急認定薬剤師の仕事内容は、注射薬を用いてバイタル管理、感染管理、栄養管理などを行い、患者の生命維持に努めることです。基本的な業務は一般病棟と変わりませんが、重症度や緊急度の高い患者を受け持つことが多く、一刻も早い対応が求められます。突然運び込まれた患者や、意思疎通が困難な患者は、病歴や服用薬が判明しない中で処置を行わなければなりません。豊富な知識と、的確で迅速な判断力が求められる仕事です。

    救急認定薬剤師になるための必要条件
    救急認定薬剤師として認定されるためには、特定の条件を満たす必要があります。まず、日本の薬剤師免許を保有し、救急治療における薬物療法の知識や技術があることが大前提です。その他に、薬剤師としての実務経験が5年以上あること、そして救急治療における薬物療法に2年以上従事していることも挙げられます。このほかにも、救急認定薬剤師に認定されるための条件がありますので、さらに詳しく知りたいという人は、日本臨床救急医学会にて確認をしてください。

    今後も救急認定薬剤師の需要は増えて行くことが予想されています。薬剤師としてのスキルアップにもつながりますので、救急認定薬剤師を目指してみてはいかがでしょうか。

    - 閉じる

  • Q1

    英語を活かすことのできる薬剤師

    薬剤師が英語を活かすことのできる仕事としては、CRO、調剤薬局、製薬会社や医療機器会社などのメーカーが考えられます。CROとは、医薬品を開発する為に行う治験業務(臨床開発)を、製薬会社から受託・代行する企業のことです。中でも外資系のCROは、特に英語が必要とされており、中途求人や新卒求人においてもTOEICの点数で基準を設けている会社も少なくありません。治験業務を行う中で、英語で書かれた資料を読み込んだり、海外と協力して治験を進める場合には、各国の担当者と連携して仕事を行うため、英語でコミュニケーションを取ったりする場面も出てきます。また上司への報告や社内ミーティングを英語で行う企業もあるため、英会話のスキル、あるいは英会話を学ぶ意欲が必要不可欠となります。

    調剤薬局でも英会話のスキルを求められる場合があります。特に外資系企業が集まるオフィス街や英語を話す外国人が多く住む地域では、服薬指導をするのに英語が必要となります。日常英会話を問題なくこなせ、加えて病気の症状や薬剤知識などの英語も習得している薬剤師は重宝されるでしょう。

    製薬会社や医療機器会社においても英語力が必要となります。学術業務や薬事申請、品質管理、臨床開発のモニターなどを行っている会社では、日常的に英語を使う場面が出てくるためです。学術業務や薬事申請、品質管理の業務では、海外の症例や副作用、臨床試験の結果などを収集、医薬品の添付文書を作成、国内・海外の症例評価などを行います。この際には英語でのリーディングやライティングのスキルが求められます。

    日本国内ではグローバル化の波により、英語力を持つ人材の需要が増えてきています。そのため、薬剤師の就職活動においても、英語力があるかないかで、就職先の選択肢は大きく変わってきます。英語でのスピーキング、リーディング、ライティング力を身に付けておくことで、それが大きな武器にも自信にもなるでしょう。

    - 閉じる

  • Q1

    災害時の薬剤師

    災害時に薬剤師にできることは、医師や看護師と連携し、被災地で医療活動に携わることです。過去に震災が起きた際は、日本薬剤師会による災害対策本部が立ち上げられ、多くの薬剤師が被災者支援活動を行いました。

    被災地における薬剤師の役割
    被災地における薬剤師の役割には、救援物資の医薬品の仕分け、被災者に必要な薬の調合、服薬説明、代替薬の指示、健康管理、避難所の公衆衛生の管理などが挙げられます。これらの活動は、薬に関する専門的な知識を持った薬剤師だからこそ可能なのです。

    災害時は医療品の仕分けが重要
    災害が起きた際に、薬剤師が行う活動の中で特に重要となるのは、医薬品の仕分けです。救援物資として医薬品が届いたとしても、それを正確に仕分けられる薬剤師がいなければ、避難所へ薬を届けることができません。また、現地の医薬品の状況を把握しておく必要もあるのです。医薬品の過不足を見極め、避難所になるべく効率よく供給することを心がけなければいけません。

    薬剤師は医療チームの一員として重要
    被災地では、薬剤師は医療チームの一員として医療活動にあたります。被災地の医師は、自らの専門外の患者にも対応しなければならず、使用する医薬品の選別が困難です。そのような事態においては、医療用医薬品と一般医薬品の両方に熟知した薬剤師が活躍します。薬剤師が医師に対して指示や助言を行うことで、医療品を適切に使用することができるのです。

    災害時の薬剤師には処方箋医薬品の販売と授与が許可される
    災害時には、薬剤師が医師に代わって、処方箋医薬品の販売や授与を行うことができます。ただし、医薬品の販売や授与は、患者が医師による診察を受けることが困難な場合、または処方箋の交付が困難な場合に限られます。

    上記で紹介したほかにも、病気の感染予防や被災者の心のケアなど、災害時に薬剤師ができることはたくさんあります。万が一、非常事態が起こった際には、医療チームの一員として積極的に行動するよう心がけましょう。

    - 閉じる

  • Q1

    薬剤師レジデント

    "薬剤師レジデントとは、薬学部を卒業したあとに、医療現場の薬剤師として働きながら研修を受けられる制度のことです。この制度は、薬学教育を受けた薬剤師の、臨床研修制度の1つとなっています。

    薬剤師レジデントはアメリカ発祥の制度
    この薬剤師レジデントは、アメリカで生まれた制度です。日本では、平成14年に東京都の北里大学北里研究所病院がこの制度を開始しています。その後、地域の基幹病院や国立大学病院などを中心に、薬剤師レジデント制度の導入が広がっています。

    薬剤師レジデント制度で知識と技術を身につける
    薬剤師レジデント制度は、一般的に2年の期間が設けられています。まず1年目で臨床薬剤師としての知識や技能の基礎を身につけ、2年目以降は1年目で身につけたスキルを発展させ、より専門的な研修を行います。また、薬剤師レジデントを受け入れている病院の中には、特定の分野に特化した、独自の研修プログラムを構築している病院もあります。専門薬剤師を目指したい場合は、こうしたプログラムを活用すると良いでしょう。

    薬剤師レジデントになると給料が発生する
    通常の研修とは異なり、薬剤師レジデントになると、給料が発生します。そのため、研修生としてお金を支払いながら教育を受けるよりも、安定した生活基盤の中で知識や技術を学べるのがメリットです。さらに、研修プログラムとはいえ、仕事として業務に取り組むことになるため、プロとしての意識も高まります。

    薬剤師レジデント制度のある病院を調べておこう
    薬学部を卒業後に、薬剤師レジデント制度のある病院で研修を受けたい場合は、在学中から情報集めをしておきましょう。まずは、どんな病院がどのような薬剤師レジデント制度を設けているかを知ることが大切です。

    また、薬剤師レジデントの募集は、一般の求人サイトでは取り扱っていないケースがあります。そのため、自ら病院のホームページや募集情報を公表しているサイトを確認しなければなりません。加えて、薬剤師レジデントの募集時期は、それぞれ病院や施設で異なりますので、できるだけこまめにチェックしておきましょう。"

    - 閉じる

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日い9:00〜18:00。携帯もご利用になれます

おすすめ求人特集