よくあるご質問の解答詳細

Q41

薬剤師は介護現場で活躍できますか?

A41

薬剤師は、病院や薬局などの医療機関だけでなく、介護現場でも活躍することが可能です。薬剤師が介護施設や在宅介護などの現場で働くためには、一人ひとりの患者に合わせた服薬支援のスキルが求められます。

介護現場での活躍が期待されている薬剤師

介護現場では、高齢者の増加に伴い、服薬支援や薬剤管理などを行える薬剤師の活躍が期待されています。日本では、年々65歳以上の高齢者人口の割合が増加しています。その比率は今後も増えていく見込みです。

要介護者向けに配薬をするサービスが増えている

介護施設では、医薬品が必要になった際に、職員が薬局まで薬を受け取りに行くのが主流でした。在宅介護においても、家族や介助者が薬局へ赴くのが一般的です。しかし近年では、職員や家族の負担を減らすために、薬剤師が介護施設や自宅に訪問し、配薬をするサービスが増えています。こういった介護サービスが普及し始めたことで、介護現場に関わる薬剤師の需要も高まっています。

介護現場における薬剤師の役割は服薬支援や薬剤管理

介護施設で求められる薬剤師の役割には、服薬支援や薬剤管理などが挙げられます。服薬支援とは、患者が薬を適切に服用できるようサポートを行うことです。患者が服用しやすいように、調剤方法や包装を工夫しながら、薬剤を管理することも重要な業務です。また、薬の飲み間違いや残薬が多い場合は、患者や介助者へ服薬指導を行います。

介護施設の薬剤師が持っていると役立つ資格

薬剤師が介護施設で働く場合、ケアマネジャーの資格を持っていると業務に役立ちます。これは、ケアマネジャーの資格を持っていると、介護現場のリーダーとしてあらゆる指示や管理ができるためです。ケアマネジャーの資格試験を受けるには様々な条件がありますが、薬剤師であれば、薬局や病院での実務経験があれば受験資格を得られます。薬剤師として介護施設で働きたいと思っている人は、取得を考えてみてはいかがでしょうか。

現在は在宅介護や在宅療養の充実が求められており、薬剤師が活躍できる介護の現場は拡大しています。介護に興味のある薬剤師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

一覧に戻る

0120-998-730
受付日時:土日祝日を除く
9時~18時まで

簡単Web登録

非公開求人も多数あり!登録はこちらから