よくあるご質問の解答詳細

Q48

製薬会社における薬剤師の仕事とは何ですか?

A48

製薬会社で働く薬剤師の仕事は、主に医療機関で使われる薬を開発・製造することです。さらに、医療機関に対して製造した薬の情報提供を行ったり、必要とされる薬の情報収集をしたりすることも、製薬会社における薬剤師の仕事です。

製薬会社で働く薬剤師の仕事内容

製薬会社で働く薬剤師は、新しい薬の研究や開発、自社製品の情報提供などを行います。これらの仕事は、処方箋をもとに調剤を行う病院や薬局の仕事とは大きく異なるものとなっています。

新しい薬の研究や開発

新しい薬の研究や開発は、製薬会社で働く薬剤師にとって花形業務の1つです。製薬会社の研究室では、新薬開発のための研究、データ収集のための非臨床実験、製薬のための技術研究など様々な研究を行います。1つの新薬が完成するまでには、膨大な時間がかかるため、長期的な視点を持てる人に向いた仕事と言えます。

自社製品に関する情報を提供するMR

薬剤師が製薬会社で働く場合、MR(Medical Representative)職に就くこともあります。MRとは、医療情報担当者のことで、病院や調剤薬局に出向き、自社で開発・製造した医薬品に関する情報を提供するのが業務です。加えて、現場の要望やクレームなどをくみ取るといった情報収集も、MRが担う役割の1つです。

製薬会社での勤務について

製薬会社に勤務するメリットには、病院や薬局勤務の薬剤師と比べて給与水準が高く、待遇がいいということが挙げられます。また、製薬会社の多くは、土日祝日が休みで、産休や育休といった福利厚生もしっかりしているのが特徴です。

製薬会社への就職や転職は、とても難易度が高くなっています。製薬会社の研究・開発職では、求人への応募条件として、修士課程修了以上を求められることがあります。加えて、競争倍率も高いため、ハードルが高くなっているのです。

製薬会社と一口にいっても、仕事内容は様々です。上記で紹介したことを参考に、製薬会社の転職の際にお役立てください。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから