よくあるご質問の解答詳細

Q3

求人案件がたくさんあって迷った時にどうすれはいいのでしょうか?

A3

薬剤師の求人を探すときに重要なのは、希望する条件を明確にすることです。他の職種でもいえますが、希望が曖昧なままでは条件を絞ることができず、満足のいく転職はできません。また、条件が合う会社を見つけたからといって、すぐに決定するのはおすすめしません。比較検討をして念入りに確認しましょう。

薬剤師の求人を探すには、いくつかの方法があります。それぞれにおいて気を付けるべきことは違いますので、「薬剤師求人サイト」、「求人広告」、「ハローワーク」の3つの方法の中からご紹介します。

「薬剤師求人サイト」は、とくにキャリアカウンセラーに相談できるところがおすすめです。薬剤師に特化した求人サイトでは、カウンセラーが薬剤師の仕事に詳しいことが特徴です。ただし、希望条件を担当カウンセラーにはっきりと伝えなければ、希望と異なる求人をすすめられることもあります。条件はできる限り細かく伝えておきましょう。

自宅から近い職場を探したい場合は、雑誌、フリーペーパー、チラシなどの「求人広告」が便利です。自宅近くの職場であれば、通勤にかかる時間を抑えることができるため、自由な時間を持ちたい人におすすめです。ただし、会社に条件を確認したり、交渉を行うのは転職希望者本人となります。

「ハローワーク」では、職員が転職希望者と会社との間に立ちます。職員が会社への連絡や質問などを代行してくれるため、このような過程を転職希望者本人が踏まなくてもよいことが特徴のひとつです。また、応募書類の添削や面接対策なども行っているため、転職経験や社会人経験の浅い人が利用すると良いでしょう。ただし近年、ハローワークの求人は実際に働いてみると条件が異なっていた、という問題が少なからず起こっています。よく確認し、責任をもって判断しましょう。

どのような方法で転職活動を行うかによって、その結果は変わってきます。相性もあるので、ひとつに絞らず複数の方法をとるのも良いでしょう。

一覧に戻る

非公開求人も多数あり!登録はこちらから