パート薬剤師のメリットとデメリットは?仕事内容や気になる給料・年収場もパート薬剤師のメリットとデメリットは?仕事内容や気になる給料・年収場も解説解説

0120-998-730

受付:平日9:00-18:00

無料!相談する

パート薬剤師のメリットとデメリットは? 仕事内容や気になる給料・年収場も解説

トピックス

  • 一般的なパートの時給と比較して、2倍程度の収入を得ることも可能
  • 給与控除と基礎控除の相殺ラインは、夫の年収850万円

 介護や子育てなどの家庭の事情を踏まえて、「働き方を見直したい」「より効率よく働ける方法はないかな」と考えている方はいませんか?

  薬剤師も例外ではなく、家庭・仕事の両立を目指して「時間の制約が少ないパート薬剤師として働きたい(復帰したい)」と考える女性は少なくありません。

 正社員からパートへと雇用形態を変えるにあたって、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。この記事では、パート薬剤師として求められるスキルや仕事内容、気になる給与や年収相場などについてご紹介します。

パート薬剤師として働くメリット

 パートというと、一般的に「不安定」「低賃金」といったイメージを持たれがちですが、薬剤師の場合は違います。一般的なパートの時給と比較して2倍程度の収入を得ることも可能です。

 以下では、パート薬剤師ならではのメリットをご紹介します。

働く時間を選べる

 「木曜日は子どもの習いごとがあるので休みたい」「金曜日と日曜日は家族と過ごして家事をこなしたいので休みたい」など、正社員と比べれば勤務希望日の融通が利きやすいため、家庭と仕事の両立が目指せるでしょう。

働く場所を選べる

 大手ドラッグストアや大手の調剤薬局で正社員として働く限り、転勤の可能性は常にあります。転勤によって「片道2時間以上かけて通勤している」という方も少なくありません。一方、パート薬剤師であればご自宅近くや最寄り駅など、好きな場所で腰を落ち着けて働くことができます。

社会貢献・やりがいを実感できる

 調剤薬局の場合、薬の調剤や服薬指導などを通して患者さん一人ひとりの健康を維持し、不安を解消できる「薬剤師だからこそのやりがい」を感じられます。ドラッグストアの薬剤師であれば、健康相談を受けたり、症状・体質に合ったOTC医薬品を紹介したりと、薬のスペシャリストとしてたくさんの方から頼りにされる機会も多いでしょう。

なんといっても高時給

 パート薬剤師の時給は最低でも1,800円程度から。都市部だと2,000円程度、人手の足りない地域では2,300円~2,500円程度になることもあります。

パート薬剤師として働くデメリット

 パート薬剤師として働く以上、メリットだけでなくデメリットについても知っておきたいところ。それぞれを見極めたうえで、自分に合う働き方を見つけましょう。

キャリアアップが見込めない

 シフトや在庫などの店舗管理や人材教育といった、責任のある仕事(管理業務)を任されることは少ない傾向にあります。また、パートは職歴としては重視されないため、キャリアアップを求める方であれば物足りなく感じてしまうかもしれません。

不安定要素がある

 正社員のように責任を負う必要がない代わりに、経営悪化などの際には正社員よりも先に解雇の対象となりえます。

福利厚生がなくボーナスや退職金が出ない

 基本的にパート勤務では、福利厚生サービスを利用できない、もしくは利用できても限定的です。そして、正社員と同じくらい仕事をこなしても、ボーナスや退職金などは出ないケースがほとんどといえます。

パート薬剤師の仕事内容は?

 パート薬剤師としての勤め先には、「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」があり、それぞれに求められる仕事内容が変わってきます。どんな職場だと自分の希望する働き方が叶いやすいのか、あらかじめ確認しておきましょう。

調剤薬局:ブランクのある方・時間調整を優先したい方

  • 【主な仕事内容】
  • ●服薬指導・相談
  • ●薬歴管理
  • ●調剤業務

 病院やクリニックのそばにあることが多い調剤薬局では、診療内容によって扱う薬や業務内容などが固定化されやすいため、ブランクのある方や未経験者でも比較的なじみやすい環境です(※)。

 また、職場によっては「残業がない」「日・祝日は休み」など、家庭やプライベートの時間も確保しやすいといえます。

※大病院の門前薬局の場合は処方箋・業務が多く、ハードルは高くなります。

ドラッグストア:時給を優先したい方

  • 【主な仕事内容】
  • ●薬歴管理
  • ●調剤業務
  • ●薬を渡すときの服薬指導・相談
  • ●OTCの説明および販売・薬の飲み合わせ相談
  • ●健康相談
  • ●商品の品出し・在庫管理やレジ打ち

 業務内容は調剤薬局よりも広範囲、夜遅い時間や土日祝日対応ができる人が求められる傾向にありますが、調剤薬局よりも300~500円ほど時給が上がる傾向にあります。

病院:知識を深めたい方

  • ●外来・病院調剤
  • ●服薬指導
  • ●病棟業務

 病院によっては、新薬導入にあたっての情報提供や病棟にいる患者さんとのコミュニケーション、抗がん剤などの調剤、注射の監査・調剤といった病院ならではの幅広い業務が求められるケースも。その分、学べることも多い環境といえます。

パート薬剤師の給料(時給・年収の相場)は?

 パートとはいえ薬剤師として働く以上、給与面も気になるところ。ここでは、パート薬剤師の時給・年収の相場と、時給を上げるためのコツをご紹介します。

全国の平均時給について

 厚生労働省のデータ によると、パート薬剤師の全国の平均時給は約2,200円です。都道府県別に見ると、都市部のパート薬剤師の平均時給は2,000円(大阪・京都)~2,300円前後(東京)。人手の足りない地域では2,300~2,500円程度で、いずれにしても一般的なパート時給の2倍以上という高収入を得られます。

高い時給を求める場合のポイント

 条件によって数百円~500円程度の時給アップが見込めます。同じ時間働くのであれば、より高時給を狙いたいもの。以下では、高時給を狙うポイント3つを見ていきましょう。

人手の少ない時間帯を狙う

休みを希望する社員が多い土・日・祝日

平日の時給プラス100~300円で募集しているところもあります。

パート要員が激減する夕方7時以降~

プラス数百円以上の時給アップが狙える可能性もあります。

 土・日・祝・夕方7時以降から積極的にシフトに入れるという旨を伝えれば、時給を上げてもらいやすいかもしれません。

アクセスの悪い地域に目を付ける

 最寄駅からバス30分等、アクセスが不便な場所だとなかなか薬剤師が集めにくいという事情があり、時給の相談をしやすいこともあります。

 通いやすさも大切ですが、「駐車場あり」「交通費満額支給」といった自分に合った環境が用意されているのであれば、最寄駅から遠い求人に目を向けてみるのもおすすめです。

時給優先ならばドラッグストア

 パート薬剤師の勤め先によって業務範囲や期待されている出勤日は異なり、それらが時給に反映されます。

調剤薬局2,000円~2,500円程度
ドラッグストア2,000円~2,700円程度
病院1,800円~2,200円程度

 調剤薬局やドラッグストアは慢性的な人不足に悩まされている店舗が多いため、時給も高めに設定されています。

働き方別に見る年収シミュレーション

 パート薬剤師は高時給ゆえ、働き方によって年収が大きく変わってきます。「フルタイム」「時短勤務」「数日出勤」の3パターンの年収シミュレーションで、どの程度変わるのか見ていきましょう。

※全国の平均時給2,200円で算出。

【フルタイム】
週5日(月20日)・1日8時間勤務の場合
月収:352,000円/年収:4,224,000円

 パート薬剤師はボーナス(148万円ほど)をもらえません。そのため薬剤師の平均年収である585.6万円(参考:平成29年度人事院統計表) より下がってしまいますが、それでも一般的な生活を送るには不足のない年収です。しっかり収入を得たいなら、扶養の範囲を気にせずフルタイムで働くことを検討してみるのも手でしょう。

【時短勤務】
週5日(月20日)・1日9:00~16:00まで・休憩1時間を除く6時間勤務の場合
月収:264,000円/年収:3,168,000円

 フルタイムよりも、月に10万円ほど収入が下がります。その分プライベートの時間を長く持てるので、家庭と仕事の両立を目指しながらある程度しっかりとした稼ぎを手にしたい方に人気の働き方です。

【数日出勤】
※1日8時間勤務で計算
週に1日(4日)の場合 月収:70,400 円/年収:844,800 円
週に2日(8日)の場合 月収:140,800円/年収:1,689,600円
週に3日(12日)の場合 月収:211,200円/年収:2,534,400円

 「週1回~OK」といった募集案件もあるため、「扶養内で働きたい」「負担を増やすことなくお小遣い稼ぎをしたい」という方は必要額から逆算して日数を調整するとよいでしょう。
 「不定期で働きたい」「固定の場所や曜日に縛られず、すきま時間を使いたい」というママ薬剤師には、「薬剤師の単発派遣」 という働き方もおすすめです。

2020年度の最新版! チェックしておきたい「扶養」について

 パートで稼ぎすぎてしまうと、扶養の範囲から外れて所得税・住民税・年金・社会保険料といった負担が増えてしまうことがあります。以下で、扶養の範囲と扶養から外れた場合に増える具体的な負担の内容を確認しておきましょう。

 なお、ここでは夫の扶養に妻が入る前提で話を進めていきます。

パート薬剤師が悩む、「扶養」とは

 決められた年収内などの条件を満たす人を「扶養されている人(被扶養者)」と見なし、夫の扶養に入ることで、税金・年金などの負担を軽減できる可能性があります。

 扶養控除には次の2種類があり、一つは被扶養者の年収によって「税制上の扶養」として配偶者控除、配偶者特別控除、所得税・住民税に関する軽減、2つ目は「社会保険上の扶養」として健康保険と年金に関する軽減に分けられています。

パート勤務者必見!税制上・社会保険上の扶養から外れる年収ライン

 よく「103万円が壁」と言われますが、実は、扶養の範囲に関わる年収ラインは他にもあります。2020年度最新版、知っておきたい年収の壁 と、変化する扶養の範囲をまとめました。

 税制上の扶養社会保険上の扶養
100万円の壁所得税・住民税は発生しない
(自治体によっては住民税が発生する)
103万円の壁所得税が発生する
106万円の壁パート勤務先の条件次第で保険加入の義務が発生(※)
130万円の壁年金負担の発生/夫の社会保険の扶養から外れるライン (図1)
150万円の壁配偶者特別控除の満額を受けられる上限のライン(図2)
201万円の壁配偶者特別控除を受けられる上限のライン(図2)

※収入類以外に、従業員数・勤務時間・日数などの条件も検討して判断します。

 たとえばパート勤務者の年収が130万円であれば、夫の年収に応じて13~38万円分の配偶者特別控除が受けられます。ただし、130万円以上になると自身で保険料や年金を負担する可能性が出てしまい、結局、諸々の税を差し引くと手取りが減って”働き損”となる可能性も……。

 ご自身とご主人の年収をもとに算出し、どこからが「損益分岐」になるのかを想定しておきましょう。

・働き損を回避する例:「夫の収入=850万円以下」とした場合

  1. 妻の年収が106万円を超えるケース
    125万円程度の収入を目安にすると世帯収入としてはお得に。

  2. 妻の年収が130万円を超えるケース(パート先での社会保険に加入)
    150万円ほどの年収を目指すと、手取りの減少リスクが下がる。

  3. 妻の年収150万円以上のケース
    自身で国民健康保険・国民年金に加入して保険料を払う場合は、171万円以上を目指すと働き損の回避に。

2020年度~給与控除と基礎控除の相殺ラインは夫の年収850万円

 2020年度より、夫の給与収入が850万円以上になると給与所得控除額が上限の195万円になり、それ以上給与が増えても給与所得控除は増えません。

 基礎控除は10万円増えましたが、給与所得控除額の金額はこれまでよりも減ってしまうので、納税額は実質的に上がることになります。

ブランクからの復帰を目指すなら「パート」がおすすめ!

 慢性的な人手不足により、パート薬剤師の手を借りたい調剤薬局やドラッグストアはたくさんあります。出産・育児・介護などでブランクがあって不安な方でも、生活パターンに合わせて働ける職場も多くあるので安心です。まずは、週2・3日からのパート勤務を検討してみてはいかがでしょうか。

 パート薬剤師は短時間勤務でも安定した収入が得やすく、お子さんや家族との時間を大切にしたい方にも人気の高い働き方です。

  • 「サービス残業は嫌」
  • 「仕事も家庭も両立させたい」
  • 「高収入も叶えたい」

 そんな方はぜひ、薬剤師の派遣・転職をサポートする「ファーマリンク」にご相談ください。豊富な求人情報から、あなたの希望に合う転職先をご紹介いたします。

無料で薬剤師の転職をサポートします!
まずは以下からご登録ください。

60秒カンタン登録!

Step1

働き方について教えてください。
どんな働き方がしたいですか?必須
いつから働けますか?必須

Step2

どちらにお住まいですか?
都道府県必須
最寄り駅必須

Step3

あなたについて教えてください。
お名前必須
フリガナ必須
生まれ年必須

Step4

ご連絡方法をお選びください。
連絡方法必須
メールアドレス必須
電話番号必須
個人情報の取り扱いについてはこちらをご確認ください。
2020年8月12日掲載


監修:星野匡宣(薬剤師)

監修者のご紹介

星野 匡宣(薬剤師)

1998年、昭和薬科大学卒。多摩大学大学院にてMBA取得。
調剤薬局チェーンにてマネージャーを経験後、2009年にファーマリンクに入社。現在、同取締役。キャリアカウンセラーとしても活躍中。

さらに詳しく知りたい方はこちら

当サイトの編集ポリシー

無料転職サポートに登録する

0120-998-730 受付平日9:00〜18:00携帯もご利用になれます